ao-アオ-

【年齢】27歳 【僕のこと】大学生時代、アジアをバックパッカーで放浪し、卒業後は1年半のタイ駐在を経験。現在は世界中の文化・言語を扱う月間18万PVのブログを運営中。

【ドイツ語】男性を褒めるときに使える褒め言葉まとめ!

f:id:kotobalover:20190525202656j:plain

ドイツ語を話す国では、フランスやイタリアに比べると、

大胆に知人をほめるという機会があまりないかもしれません。

 

でもこれからご紹介する単語とフレーズを覚えておくと、

デートや女子トークではきっと便利だと思いますよ。

 

また自分のパートナーがどんな人かを

説明するときにも使えるドイツ語の言葉ですね。

 

 

単語

外見編

f:id:kotobalover:20190525202642j:plain

【かっこいい、イケてる】

cool(クール)

英語ですが、ドイツ語圏の人々にも英語のまま受け入れられています。

発音も英語と同じなので、使いやすいですね。

 

【美しい】

bsch(ヒュプシュ) 

多くの場合は女性に使われるほめ言葉になります。また美しい外見や整った顔立ちの男性に対しても言えるコメントですので、頭の隅に入れておくといいと思いますよ。

 

【魅力的な】

attraktiv(アトラクティブ) 

「セクシー」というニュアンスを含みますので、多用しないように注意してくださいね。発音のアクセントは「ティ」のところです。

 

【スポーティーな】

sportlich(シュポートリッヒ) 

最近のブームである、健康的な人をほめるときの単語です。男女関係なく、スポーティーな外見と健康を理想にする人は多いようです。

 

【好感がもてる、親切な】

sympathisch(ジンパーティッシュ

いつもニコニコしている人や、よく道を尋ねられるような人は、この言葉でほめることができます。

 

フレーズ

外見編

f:id:kotobalover:20190525202646j:plain

【君はかっこいい。】

Du bist cool.(ドゥ ビスト クール) 

 

【スポーティーな男性がタイプです。】

Ich mag einen sportlichen Mann.(イッヒ マーク アイネン シュポートリッヒェン マン)

 

【彼は親切そうですね。】

Er sieht sympathisch aus.(エア ズィート ジンパーティッシュ アウス) 

 

単語

内面編

f:id:kotobalover:20190525202652j:plain

【やさしい】

nett(ネット) 

男性が荷物を持ってくれたりドアを抑えてくれたりしたら、この単語を使ってみてくださいね。

 

【ユーモアのある】

humorvoll(フモアフォル) 

面白いとかジョークをたくさん言うというよりは、気の利いたことを一言発言してみんなを笑わせるような、そんな性格の人に使いましょう。

 

【心地よい】

angenehm(アンゲネーム)

パートナーのような、気張らなくてリラックスできる雰囲気をもつ人には、この単語をほめ言葉として言ってあげましょう。

 

【賢い】

klug(クルーク) 

「intelligent(インテリゲント)」「知的な」と似ていますが、「klug」は「頭がキレる、発想力がある」というニュアンスになります。

 

【勇気のある】

mutig(ムーティヒ)

男性には、こちらのドイツ語を使いましょう。男の子たちも、この言葉を言われるととてもうれしそうにしますよ。

 

フレーズ

内面編

f:id:kotobalover:20190525202659j:plain

【君はユーモアがあります。】

Du bist humorvoll.(ドゥ ビスト フモアフォル)

 

【君は賢い男性です。】

Du bist ein kluger Mann.(ドゥ ビスト アイン クルーガー マン) 

 

【君はなんて勇敢なんだ!】

Wie mutig bist du!(ヴィー ムーティヒ ビスト ドゥ)

 

まとめ

この記事で紹介したフレーズの文章は、

親しい間柄で使える

「du bist」で表現しました。

 

敬語にしたいときは

 

「du(ドゥ)」を

「sie(ズィー)」に、

 

「 bist(ビスト)」を

「sind(ズィント)」に

置き換えてください。

 

ご紹介した単語やフレーズは女性にも

使えるものがあります。

 

相手のほめるところがあれば、

これらのドイツ語をどんどん使っていきましょうね。

 

★担当ライター:Erdbeerenさん

★プロフィール:ドイツでの留学を経てスイスに引っ越しました。今は、ドイツとスイスの観光・語学・文化についてのリサーチと執筆活動をしています。

 

こちらもあわせてどうぞ!

www.thaislife.com

www.thaislife.com