ao-アオ-

【年齢】27歳 【僕のこと】大学生時代、アジアをバックパッカーで放浪し、卒業後は1年半のタイ駐在を経験。現在は世界中の文化・言語を扱う月間18万PVのブログを運営中。

インド

リアルとイメージが重なる数分間。レー・ラダックへの初めての旅。

// こんにちは! ひつじ。です。 とーっても久しぶりに記事を書こうと思います。 なんのキッカケかは忘れてしまったんだけど、とある日「ラダック」という町の風景写真を見て以来、この場所にいくことが夢の1つになった。チベット風景、岩の山脈、赤いほっ…

【第二次世界大戦】コヒマ・インパール、忘れられた日本兵。

3年前にね、インドの「コヒマ」ってところに行ったんです。僕がバックパッカーしてるとき。でっかいでっかいインドでも一番東のはしっこのほう。 多分もしかしたら学校の歴史の時間とかでちょっと耳にしたことがあるかもしれないけど、「インパール」って土…

【自由と不自由】ああ…インドって汚い。でもそれが間違いなくインドの良さだ。

こんにちは! ひつじです。 今日は僕が好きなインドのおはなし。 はじめてインドに行ってからもう4年も経った。今あらためて写真を見返してみると、 「インドってこんなに汚かったっけな…」 と思ってしまう。でもインドの土を初めて踏んだあの時、インドが…

インド・バラナシを写真9割で紹介する

細い路地を抜けて、 野良牛の闊歩する通りを抜けて、 ガンガーはふいに現れる。 果てしなく続くガート。 冬のガンジス川は水で満たされる。 バラナシの子たちは写真を撮られるのが大好きだ。でもたまに撮影料を要求されたりもする。 歴史のある古びた街は、…

インド ダージリン カンチェンジュンガと日常の町

ダージリン。場所はわからなくとも、名前を聞いた事のある方は多いのではないだろうか。そうダージリンティーで有名なあのダージリンだ。僕がこの町に来た理由は寒いところが好きだからだった。町の平均標高は2,134mもあり、インドであるにも関わらず、年中…

【衝撃の火葬】インド・バラナシの噂は本当だった

インド・バラナシといえば、聖なる大河「ガンジス川」だ。 そしてそのガンジス川の河原には、火葬場があり、青空の下、遺体が焼かれるという話を聞いた。にわかには信じがたいが、本当なのだろうか? バラナシと言えば、あの有名なガンジス川が流れている。…