ao-アオ-

【年齢】27歳 【僕のこと】大学生時代、アジアをバックパッカーで放浪し、卒業後は1年半のタイ駐在を経験。現在は世界中の文化・言語を扱う月間18万PVのブログを運営中。

英語を学ぶ楽しさは0距離でのコミュニケーション!

f:id:kotobalover:20190505105713j:plain

こんにちは!

ひつじ。です。

 

最近仕事やプライベートで

英語を使う機会が多く、

また学習へのモチベーションが

ぐんぐんあがってきています。

 

 

そこで今日は

僕が考える、

 

「英語を学習する楽しさ」

 

をまとめていきたいと思います。

 

 

英語を話せると0距離で世界中の人とコミュニケーションが取れる、これ楽しい

f:id:kotobalover:20190505105717j:plain

モンゴルにひとり旅に

行ったときに思ったんです。

 

 

自分の言葉で、

自分の思いを外国人に

伝えることのできる尊さに。

 

 

モンゴルって

モンゴル語しか、

ほぼほぼ話されていなくて、

 

「Yes」

「No」

「Okay」

 

このレベルの

英単語ですら通じないんです。

 

 

でもご飯は

食べないといけないし、

タクシーにも

乗らないといけない。

 

そんなときに

どうするかっていうと、

 

もうGoogle翻訳

頼るしかないんですね。

 

 

確かに要件を

伝えるだけであれば、

Google翻訳で十分です。

 

最近では

めっきり精度が上がって

十分に会話することができました。

 

 

それからモンゴル語

簡単な会話を

収録したアプリも

使ってコミュニケーションを

とりました。

 

 

でも

 

伝えたいことを

伝えたいのに、

翻訳する間の

タイムラグがあるし、

 

両者とも画面を

見ながら喋るから、

表情が見れない、

ジェスチャーもない、

 

 

こうなると、

目の前の人と

話しているのか、

 

 

機械と

話しているのか

わからなくなってくるんです。

 

 

人間は

コミュニケーションをする際、

約8割は

非言語的情報、

 

つまり相手の

表情、

声、

抑揚、

体の使い方から、

 

考えていることを理解しようとします。

 

残念なことに、

Google翻訳であれば、

そういった非言語的な情報は

何一つ入手することが

できないんですね。

 

要件を

伝えるだけであれば、

Google翻訳

十分すぎるほど

十分ですが、

 

 

コミュニケーション

 

 

をしようとなると、

機械では不十分です。

 

やはり、

どんなにゆっくりでも、

下手くそな発音だとしても、

自分の口から、

自分の声で、

抑揚で、

表情で

 

 

言葉を伝える」こと、

 

 

これが言語学習の

目的の真意

なのでなないかと思います。

 

 

英語を話せるだけで、

本当に世界中の人たちと

コミュニケーションが

取れます。

 

国によって

アクセントや

発音に

特色がありますし、

ネイティブでない人が

ほとんどです。

 

でも発する言葉に

自分の意思が

込められているのなら、

 

 

もうなんか

上手いとか下手とか

関係ないんじゃないかって思う。

 

 

だから

英語学習って

大きな意味のあることだし、

すっごく楽しいこと。

 

現地語を覚えれば、国への理解はさらに深まる

感覚的な言葉が

少し多くなって

しまうかもしれない。

 

 

僕が

仕事でタイに

約2年近く住んでいたとき、

 

はじめの数ヶ月は

全くタイ語が話せませんでした。

 

 

今では日常生活に

問題のないレベルの

会話をすることができます。

 

英語しか

勉強してこなかったので、

英語だけで

ずっと通そうとすら

思ってました。

 

 

でもタイって

やっぱりタイ語の国だから、

英語だけしか話せないと、

やっぱりどこか

自分自身がその国の空気に

溶け込めていないような気がして、

 

 

居心地の悪さのようなものを感じるんですね。

 

 

これじゃだめだと思い、

挨拶から覚え、

数字を覚え、

短いフレーズを覚え、

発音を覚え、

 

タイ語独自の

表現の仕方を

覚えて行きました。

 

 

最初は

なんども聞き返したり、

わからなくても

わかったフリなんかを

しながら会話をしていましたが、

 

 

簡単な会話だと、

あるときからほぼ100%、

相手の言ってる内容が

理解できるときがくるんです。

 

そして自分の発すること、

伝えたいことを

100%理解してもらえるときが

くるんです。

 

 

このときの感動って

何にも表現しがたく、

やっとその国の

住民の一員になれたような、

 

空気に溶け込めたような、

そんな感覚になるんですよね。

 

 

これが心地良いのです。

 

 

その国の言葉には、

国の歴史と人々の思想と、

愛情とたくさんのものが

乗っかっていると

僕は考えています。

 

そんな連綿と受け継がれ、

大切にされてきた、

彼らの言葉を

自分の口から、

どんなに下手くそでも

発すること。

 

 

これが異文化理解への大きな一歩であると思っています。

 

まとめ

と、

そんな感じで

唐突に言語への愛情を

語りたくなったので、

一気に書いてみました。

 

 

英語は世界中で

一番通用度の高い

マルチな言語。

 

これを学習する意味は、

自分の言葉で、

声で、

表情で、

目の前の人と

0距離でコミュニケーションが

取れる。

 

 

すっごい楽しいし、世界が広がると思う。

 

 

現地の言葉を覚えるのは、

異国に住むのであれば、

僕は必須だと思う。

 

 

国に溶け込めるし、

現地の人とも一気に距離が縮まる。

 

とにかく言語は楽しいし、

素晴らしいよって話しでした。

 

そんな感じで今日は終わり。

 

ひつじ。

 

ネイティブキャンプの"無料体験"レッスンを受けてみる

 

★担当ライター:ひつじ。

★プロフィール:記事を書くのが大好き。ブログのない人生は考えられないほど、ブログが好き。最近では世界各国に住むライターと協力し、海外記事作成に取り組み中。

 

こちらもあわせてどうぞ!

www.thaislife.com

www.thaislife.com