ひつじ編集長の海外ラ・ボ!

★年齢・性別 26歳・男 ★主に書く記事 英語、タイ語、海外、旅、ブログ、ガジェットのこと ★好きな国 インド、タイ、日本 ★これまでのこと 『深夜特急』の多大なる影響で、アジアをバックパッカーした後、新卒でタイに赴任。その後商社の海外担当バイヤーに転職。TOEIC810点。特技はタイ語。 ★僕とブログ 記事を書くのが大好き。ブログのない人生は考えられないほど、ブログが好き。最近では世界各国に住むライターと協力し、海外記事作成に取り組み中。

ひつじ編集長。の海外ラボ!

イタリア語で「お会計お願いします。」【イル・コント・ペルファボーレ】

f:id:kotobalover:20171026214102j:plain

 

★担当ライター:まこさん

★プロフィール:結婚をきっかけにイタリアに移住。ミラノ郊外で主婦業をする傍ら、週末は独身時代からの夫婦共通の趣味であった旅行を楽しんでいます。

 

イタリアと言えばファッションと美食の国!最先端のファッションアイテムや絶品イタリアンの数々を楽しみにイタリアを訪れる方も多いのではないでしょうか?また、イタリア人はフランス人と並んで、ファッションと食へ関心が非常に高いことで有名。滞在される方は、イタリア人からショッピングや食事に誘われる機会も多いかと思います。

 

そこで、ここでは旅行や滞在でイタリアを訪れる方が最もよく使うであろう、お会計にまつわるイタリア語のフレーズの数々をご紹介したいと思います。

 

 

イタリア語で「お会計お願いします。」

f:id:kotobalover:20171026214149j:plain

一番現地の人に使われている「お会計お願いします」は、「Il conto, per favore(イル・コント・ペルファボーレ)です。

 

「Il conto」はイタリア語で「伝票」のこと。「per favore」は「お願いします(ください)」のことで、直訳すれば「伝票お願いします(伝票ください)」となります。

 

イタリアのお会計はほとんどが席で行いますので、食事が済んだら店員に「イル・コント・ペルファボーレ」と言って伝票を持って来てもらいましょう。

 

他のシチュエーションで使える「お会計お願いします。」

f:id:kotobalover:20171026214340j:plain

前会計のレストランで

イタリアは基本的にはレストランもカフェも後会計ですが、ジェラート店やファストフード店の場合、前会計のことがあります。その場合は先ほどの「ペルファボーレ(お願いします・ください)」を使って「〇〇(←欲しいもの),ペルファボーレ」と言えばOKです。

 

ショッピングで 

例えばお買い物に行った際、チョコレートを手に持ちながら、レジに行って「チョコレートください」と言うのは少々違和感がありますよね?・・・そう!既に購入予定の物を手で持っている場合は「〇〇・ペルファボーレ」でも通じますが、日本語の「これください」にあたる「Prendo questo(プレンド・クエスト)」を使った方がより自然な会話となります。是非覚えて使ってみて下さい!

 

お買い物で使えるフレーズ 

f:id:kotobalover:20171026214728j:plain

レシートが欲しいときは?

レシートください」は、「La ricevuta, per favore(ラ・リチェブータ・ペルファボーレ)」です。サッカーの長友選手の奥様でタレントの平愛梨さんが、記者から好きなイタリア語を聞かれた際に答えたフレーズとして、一時話題になったこの言葉。実は、イタリアではとっても重要なフレーズなのです!

 

というのも、イタリアでは法律で店は必ず「レシート(ラ・リチェブータ)」を渡すことが義務づけられており、客もそれを必ず受け取らなければならないことになっています。

 

店の脱税対策や客の無銭飲食・万引き等を取り締まる為に導入されている制度なので、レシートをうっかりもらわないと厄介なことに巻き込まれてしまうかも・・・。基本的には何も言わなくてもレシートはもらえますが、もしもらえなかった場合は必ず「ラ・リチェブータ・ペルファボーレ」と言って受け取ってください。

 

レジ袋が欲しいときは?

イタリアのスーパーや小売店では、環境への配慮からほとんどの店でレジ袋有料制度を導入しています。何も言わないとレジ袋はもらえませんので、欲しい時は「Un sacchetto, per favore(ウン・サケット・ペルファボーレ)」と言いましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?最初は欲しいものや食べたいものを見つけたら、「指差し+ペルファボーレ(ください)」だけで十分!イタリア人のように陽気に楽しくお買い物や食事を楽しんでください!

 

ちなみに、イタリアでは10円程度の少額支払の時でもクレジットカードOK!自動販売機でもクレジットカードを使うことができます。現金をたくさん持っている方が危険ですので、ご注意ください。

 

皆さんのイタリア滞在がより充実したものになりますように!チャオ(バイバイ)! 

 

こちらも合わせてどうぞ!

www.thaislife.com

www.thaislife.com