ひつじ編集長の海外ラ・ボ!

★年齢・性別 26歳・男 ★主に書く記事 英語、タイ語、海外、旅のこと ★好きな国 タイ&インド ★略歴 大学生時代、アジアをバックパッカーで放浪し、卒業後は1年半のタイ駐在を経験。現在は世界中の文化・言語を扱うメディアを運営する、自称編集長。 ★尊敬する人達 ・沢木耕太郎/小説家 ・加藤直徳/元TRANSIT編集長 ・本田圭佑/サッカー日本代表 ・大木伸夫/ACIDMAN ギターボーカル

ひつじ編集長。の海外ラボ!

インド・コヒマを写真9割で紹介する

f:id:kotobalover:20170203011345j:plain

f:id:kotobalover:20170203011355j:plain

インド・コヒマ。丘に張り付くように家々がひしめき合う。

 

f:id:kotobalover:20170203011313j:plain

70年前、日本軍第31師団はインドに最東部にあるこの地を制圧した。しかし南のインパール連合国軍に大敗を喫すると、彼らはコヒマからの撤退を余儀なくされた。撤退時に多数の死者を出し、その退路は「白骨街道」として、今も語り継がれる。

 

f:id:kotobalover:20170203011309j:plain

コヒマの丘に、戦争の影はもう消えていた。

 

f:id:kotobalover:20170203011351j:plain

f:id:kotobalover:20170203011322j:plain

f:id:kotobalover:20170203011341j:plain

 コヒマがあるナガランド州は今も多くの部族が残る。それぞれの部族が伝統の衣装で祭りを彩る。

 

f:id:kotobalover:20170203011337j:plain

 ほんの数十年前までは、首切りの習慣が残っていた。となり村の男の首を持ち帰って、初めて立派な大人の男だと認められたそうだ。

 

f:id:kotobalover:20170203011402j:plain

f:id:kotobalover:20170203011254j:plain

コヒマで食べた料理も辛かった。これは世界一辛い唐辛子だそうだ。

 

f:id:kotobalover:20170203011259j:plain

f:id:kotobalover:20170203011328j:plain

戦争のないこの時代に感謝しないわけにはいかない。70年前、僕たちの先祖はこの地へ死の覚悟とともに訪れたはずだから。

 

f:id:kotobalover:20170204134612j:plain

FUJIFILM公式サイトより

撮影機材:FUJIFILM「XE-1」