page contents

ひつじの読み込み中…少々お待ちください。

語学のこと、旅のこと、ブログのこと、その他幅広く。

タイ語で「頑張れ」ー簡単で便利な言葉ですー

f:id:kotobalover:20170121150714j:plain

さて、タイ語にも日本語と同様「頑張れ」という表現があります。今日はタイ語の「頑張れ」について詳しく見ていきましょう。

 

 

英語の頑張れ

f:id:kotobalover:20170121150702j:plain

ちょっとその前に…

英語にも「頑張れ」という表現はありますが、日本語のそれとは意味的に完全に一致していないことが多く、英語で「頑張れ」と言いたい場合、状況によって違うフレーズを使い分ける必要があります。

 

例えば…

 

 'Cheer up' 'Do your best'  'You can make it'  'Keep it up' 

 

これら全て「頑張れ」と訳すことができます。

 

一言であらゆる「頑張れ」をカバーできる日本語と、状況によって、たくさんのフレーズ使い分ける必要がある英語の「頑張れ」は完全には一致していないんですね

 

私たち日本人にとって、この事実は少し混乱を招くかもしれません。

 

タイ語の「頑張れ」

f:id:kotobalover:20170121150924j:plain

一方、タイ語と日本語の「頑張れ」は完全に一致していると言えます

 

これは日本人にとっては非常にありがたいことです。タイ語で「頑張れ」というときと、日本語で「頑張れ」という時、同じ感覚で使うことができます。

 

と、前置きが随分長くなってしまいましたが、タイ語で「頑張れ」は何というのでしょうか。答えは…

 

สูๆ【sûu sûu/スースー】

 

とっても簡単ですね。発音も日本人にとって難しいものは何もありません。日本語の「さしすせそ」の「」の音と全く同じです。

 

ただ発音する際に気をつけたいのは、「スッスー」みたいな発音にならないようにすることです。タイに長いこと住んでるおじいちゃんなんかは、なんでか知りませんが、「スッスー」みたい発音することが多いです。でもネイティヴの発音を聞いてると、ちゃんと「スースー」のように発音してますので、「スースー」が間違いなく正解です。

 

นะ【ná/ナ】をつけて語調を柔らかく

f:id:kotobalover:20170121151145j:plain

สูๆ【sûu sûu/スースー】の後に「ナ」をつけてสูๆนะ【sûu sûu ná/スースーナ】と言ってみましょう。

 

実際にタイ人も「スースー」の後に「ナ」を付けて言っていることが非常に多いです。

 

単に「スースー」と言うより、もっと自然に聞こえます。

 

まとめ 

さて今日はタイ語の「頑張れ」を詳しく見てみました。発音もに簡単ですし、日本語の「頑張れ」と同じ感覚で使うことができますので、とても使い勝手がよい単語です。

みなさんもぜひ色々な場面で使って見てください。

 

こちらも合わせてどうぞ!

www.thaislife.com

プライバシーポリシー