ひつじ編集長の海外ラ・ボ!

【年齢】26歳 【僕のこと】大学生時代、アジアをバックパッカーで放浪し、卒業後は1年半のタイ駐在を経験。現在は世界中の文化・言語を扱うメディアを運営中。

ひつじ編集長。の海外ラボ!

【メンズ】イタリアブランドの財布、 おすすめトップ5!

f:id:kotobalover:20180221221037j:plain

こんにちは。チャオ。イタリア在住のまこです。

 

ここではみなさまにイタリアで絶対買うべきメンズ・イタリアブランドの財布おすすめトップ5をご紹介します。

 

イタリア人男性は、女性ほど“超有名ブランドアイテム”を積極的に身に着ける人はいませんが、全員が「コダワリの一品」を携帯しているのは間違いありません。

 

どのブランドも日本でも買えるものばかりですので、イタリアへの旅行や滞在の予定がない方も是非参考にしてみてください。

 

 

【1位】Orobiancoオロビアンコ

f:id:kotobalover:20180221210353j:plain

◇ブランドの発祥

オロビアンコは1996年にミラノ近郊でジャコモ・ヴァレンティーニ氏によって創設されました。オロが「金」ビアンコが「白」を意味するイタリア語で、「白金・大変貴重なもの」というブランドメッセージが込められています。

創業は1990年代後半と比較的最近ですが、いまや日本人のミラノ土産の定番の一つにもなっているオロビアンコ。現地留学生や滞在者も、日本帰国の際は日本にいる友人への手土産に大人買いする人が後を絶ちません。

 

◇デザインの特徴

オロビアンコのヒットのきっかけとなったアイテムが「ナイロン製バッグ」だったことから、財布も「ナイロン製」を想像される方が多いかもしれませんが、オロビアンコの財布はほとんどが革で出来ています。

黒やこげ茶基調の本革にブランドロゴがさりげなく型押しされている為、一見すると「オロビアンコ」だとわからないことも・・・。逆にそれが「フォーマルにもカジュアルにも使い勝手が良い」と支持されています。

 

 

【2位】Benetton(ベネトン

f:id:kotobalover:20180221212242j:plain

◇ブランドの発祥

ベネトン(イタリア人は“ベネットン”と発音します)は1965年にヴェネチア近郊の街「トレヴィゾ」で

ルチアーノ・ベネトン氏が立ち上げたイタリアを代表するアパレルメーカーです。

創業から50年以上経った現在でもベネトンはイタリア国民を愛し、イタリア国民から愛されるイタリア人の人生に欠かせないブランドの一つ。「ベネトンのアイテムを1つも持たずに人生を終えるイタリア人はいない」とさえ言われています。

 

◇デザインの特徴

ベネトンカラー」と呼ばれるクレパスのようなビタミンカラーのアイテムが有名ですが、財布に限ってはそれらのビタミンカラーが、黒・グレー等のシックな色合いの生地の中にワンポイントだけあしらわれているものが多く、フォーマルなシーンでも便利に使えるのが特徴です。

もちろんお財布全体がベネトンカラーのものもあるので、お好みに合わせてチョイスすることも可能です。また、キッズラインも大人顔負けのしっかりとした作りのものが豊富にラインナップされているのでパパとお子様でおそろいで持ってもカッコイイと思います。

 

 

 

【3位】Gutteridge(グッターリッジ)

f:id:kotobalover:20180221212326p:plain

◇ブランドの発祥

グッターリッジは日本未上陸のイタリアの人気男性ブランドです。1878年ナポリでミカエル・グッターリッジ氏が立ち上げたもので、イタリア国内外に60店舗以上を構える大人気ブランドとなりました。アパレルから小物・フレグランスに至るまで店内には幅広いコレクションアイテムがずらり!!店内のアイテムだけで全身コーディネートが完成するほど商品点数が多いのも魅力です。

 

◇デザインの特徴

「イタリアの伊達男」と聞いて皆さんが想像するような“こなれ感”のあるアイテムはまさにグッターリッジの得意とするところ。アパレル関係は全体的に細身のシルエットで身に付けたがカッコよく見える工夫が随所に施されています。財布はそれらの伊達男の手に馴染むようなものが提案されており、外側はシックでありながら裏地や内ポケットなどにちょっとした遊び心が隠れているものが多いです。

 

Gutteridge dal 1878

 

【4位】Gabs(ガブス)

f:id:kotobalover:20180221213539p:plain

◇ブランドの発祥

ガブスはフィレンツェにて2000年に産声を上げたイタリアファッション界の次世代のリーダーです。といっても、デザイナーのフランコ・ガブリエリ氏はもともと革小物メーカーの家の二代目。過去にはグッチやプラダなどのイタリアを代表するブランドにも携わったことのある超エリートの為、コレクション発表前から全世界が注目するイタリアンブランドでした。コレクション発表後は、期待を裏切らないクオリティを全世界に発信し続けています。

 

◇デザインの特徴

カラフルで個性的なものが中心なのですが、絶妙な上品さを兼ね備えている為、若者だけでなくナイスミドルの皆さんが持ってもとっても素敵なアイテムばかりです。

特に人気なのはだまし絵風のアイテム。また、イタリアのお土産にはイタリアきっての自動車メーカー「FIAT(フィアット)」とのコラボアイテムがおすすめです。

 

ご購入はこちら

 

【5位】Ferrariフェラーリ

 

f:id:kotobalover:20180221215733j:plain

◇ブランドの発祥

フェラーリはイタリアを代表するスポーツカーブランドですが、フェラ―リの車体にキラりと光る“跳ね馬”のエンブレムをあしらったアイテムは、アパレル関連からスマホ、日用品にわたるまで、ありとあらゆるものがイタリアでは発売されています。フェラーリの創業者は元レーシングドライバーエンツォ・フェラーリ氏。1921年に出場した大会で優勝した際、伯爵夫妻から授けられた由緒正しき紋章が、現在のエンブレムの原形のルーツです。

 

◇デザインの特徴

フェラーリといえば「赤いスポーツカー」を想像される方も多いと思いますが、車以外のアイテムは黒基調のシンプルなものも豊富にラインナップされています。

黒地のお財布にキラりと光る黄色基調のフェラーリのエンブレムはイタリアらしさ満点。ガブスのフィアット車コラボアイテムとあわせて、イタリア車のファンなら是非ゲットしたい一品ではないでしょうか?

 

 

 

まとめ

女性に比べて値段や流行に左右されず「コレ好き!」という気持ちに従って、素直にお気に入りの財布を選ぶイタリア人男性。是非皆さんもイタリアで「ビビっ」とくるお財布に出会った際はその気持ちに従ってみてはいかがでしょうか?!素敵な一品に出会えますように。チャオ!!

 

★担当ライター:まこさん

★プロフィール:結婚をきっかけにイタリアに移住。ミラノ郊外で主婦業をする傍ら、週末は独身時代からの夫婦共通の趣味であった旅行を楽しんでいます。

  

こちらも合わせてどうぞ!

www.thaislife.com

www.thaislife.com