ao-アオ-

【年齢】28歳 【僕のこと】大学生時代、アジアをバックパッカーで放浪し、卒業後は1年半のタイ駐在を経験。現在は世界中の文化・言語を扱う月間18万PVのブログを運営中。

個人ブログは体験を発信する媒体であるべき!

f:id:kotobalover:20200305013213j:plain

 

こんにちは、ひつじです。

 

2016年にブログを開設して以来、自分で記事を書いたり、ライターさんに記事を書いてもらったり、ここ数年割と色々とブログ活動をやってきました。

 

2020年のいま、僕はブログ活動に関してある結論に達しました。

 

「個人ブログは体験を発信する媒体であるべき!」

 

みんなが簡単に情報にアクセスできて、簡単に正解を導ける時代、正解や情報に価値を見出せない時代、個人色丸出しの体験、経験こそ発信していく価値があるのだと。

 

今日はそんな話しをひとつ。

 

 

 SEO全盛期だった2018年

f:id:kotobalover:20200305013221j:plain

てなことで、僕のブログ運営の経験から話していこうと思います。

 

2018年たくさんの記事を作りました。9割方外注ライターさんに記事を書いてもらい、それをちょこっと編集し、ほぼ毎日投稿し、記事を量産していきました。

 

毎日投稿していると、このジャンルで、このタイトルで、この文字数で投稿していけば、上位表示できるなっていうのが、データを見ずとも感覚的にわかってきます。

 

少し言葉は悪いかもしれませんが、自分の手を動かさずとも、1記事あたり数千円払えば、PVは右肩上がりに伸びていき、2019年初頭には18.9万PVまでいきました。

 f:id:kotobalover:20190406202132p:plain

 

今思えば、これがSEO全盛期の時代だったんだと思います。

 

しかしその後は大手の企業がたくさん同じような記事を大量に投入し始めることで、僕の記事は上位表示されにくくなり、PV数は逆に右肩下がりとなってしまいました。

 

同時に僕のモチベーションも右肩下がりでした。ブログが全然楽しくなくなりました。

 

固定ファンがつくのは自分の実体験を発信したとき

f:id:kotobalover:20200305013154j:plain

一度上がっていた数字が下がり始めると、人ってモチベーション下がるんですね。

 

そんなことで、しばらく記事を書いてなかったんですが、最近とあるYouTubeチャンネルを見ていたら(後ほどこのチャンネル紹介します。)、冒頭に書いた、『情報に価値はない、体験こそに価値がある』ってなことを耳にしたわけです。

 

なんか頭の中でドカドカっとこれまでのことが蘇ってきました。

 

僕がブログを楽しかった頃っていつだっただろう?って。

 

自分が心を込めて書いた記事に、はてなスターをもらえたり、コメントをもらえたり、そんなときだったなーと。たとえ見てくれる人は少なくても、1から自分の手で作り上げた文章に誰かが反応してくれる、これがPV数なんかよりも一番のモチベーションになってたんだと、そういうことを思い出したわけです。

 

でね、たまにこのブログの問い合わせフォームから、記事への感想をもらえるときがあるんですが、そういうときって決まって僕自身が書いた記事に対してもらえるんです。

 

このブログでPV数を集めているのは圧倒的に外注ライターさんが書いた正しい情報にも関わらず。

 

誰も彼もGoogleひとつで正しい情報にアクセスできる時代、正しい情報だけでは付加価値になりにくい、だからこそ今個人色丸出しの経験、体験を求められている。

 

そう肌感覚で感じたんです。

 

時間の貯金ができるブログは至高の副業

f:id:kotobalover:20200305013205j:plain

ちょっとばかし話はそれるけど、やっぱりブログは僕みたいなサラリーマンがやる副業として最高の選択肢だと思う。時間の貯金ができるから。

 

これがどういうことかっていうと、例えばクラウドソーシングサイトで記事執筆を数千円で受注したり、動画編集を同じように数千円で受注したりする。

 

果たしてこれを仕事が終わって家に帰ってから、納期に迫られ、自分を追い詰め作業することができるのか?僕は何回かやりましたが、無理でした続きません。

 

仕事で残業になったり、出張になっても納期がある限り作業しないといけない。これしんどすぎです。でもそうしないとお金は振り込まれません。

 

でもブログって時間があるときに記事を書いておけば、それが後々お金を生み出してくれるタネになるわけです。

 

時間のあるときに作業をする→それがお金を生み出すタネになる。これって時間を貯金できるような感覚で、サラリーマンの副業としては本当にいいな、と思うわけです。

 

もちろんそれはYouTubeでもいいし、Noteでもいい。要は自分のペースで作業ができて、それが後にお金を生み出すタネとなるかどうか、これが僕らサラリーマンにとって良い副業か、しんどい副業かを決めるってことですね。

 

 

情報発信者であるなら「西野亮廣さん」はフォローしておくべし

それで「とあるYouTubeチャンネル」って誰のことかというと、キングコング西野亮廣さん。

 

www.youtube.com

 

正直最近まで胡散臭い人だなーとか思ってました。数年前に話題になった『えんとつ町のプペル』読みました。これほど話題になってるなら、どんなものか見てみようと。全然おもしろくありませんでした。本当に全く面白くないから、確か2000円くらいしましたけど、1回読んでどっかに消えました。

 

でもYouTubeを聞いてると、この人すごいなと。多分情報発信に関しては、誰よりも考えてるし、何歩も先に行ってる。時代に求められる情報発信の本質をめちゃくちゃ理解して、僕らにもわかりやすく伝えてくれる。

 

「情報よりも体験」って彼の言葉を思い出すと、プペルももっと深い意味があって、別の読み方ができたんじゃないかと思う。うん、でもぱっと見面白くなかったから、まあ2度と読むことはない。

 

しかし情報発信に関してはプロ。僕が今自分のブログを書いているのも彼のYouTubeを聞いたから。なんかわからんけど、すごい。

 

おわりに

そんな感じで、正しいだけの情報にもはや価値のない時代で、個人のストーリーや体験に価値を見出す時代、僕がブログ記事を外注して、正しいだけの情報を発信していくことはもうないでしょう。

 

情報発信の形はひとそれぞれ、YouTubeが良いって人もいるし、SNSが良いって人もいる。自分が1番楽しく続けられる媒体がベストチョイスだと思う。

 

僕はゆっくりと考えながら、つらつら書いていける「ブログ」がやっぱり自分にあってる。だからこれからもブログを通して発信をしていこうと思う。

 

そんな感じで、これからの時代に向けて日々発信頑張っていきましょう。

 

おわり。

 

ひつじ。

 

こちらも合わせてどうぞ!

www.thaislife.com

www.thaislife.com