ao-アオ-

【年齢】28歳 【僕のこと】大学生時代、アジアをバックパッカーで放浪し、卒業後は1年半のタイ駐在を経験。現在は世界中の文化・言語を扱う月間18万PVのブログを運営中。

副業として情報発信する上で一番大切なのは「楽しい」かどうか。

f:id:kotobalover:20200302235817j:plain

こんにちは。

 

ひつじです。

 

いったい真っ白な画面に文字を書いていくのはいつぶりだろうか?

 

最近、巷ではYouTubeが流行ってるっていうから何となく僕も動画を作ったりしていました。でも僕は文章を書くのがとっても好きなので、やっぱりたまには文章も書いてみようと思います。

 

  

どう考えたって副業はしんどい

f:id:kotobalover:20200302235812j:plain

どう考えたってね、サラリーマンにとっての副業ってしんどいんですよ。毎日朝から晩まで、緊張感のあるオフィスに缶詰にされて、ただ座ってるだけなら疲労感ってのはないんだろうけど、頭を使って気を使って。

 

夜家に帰る頃には、もうクタクタなわけです。

 

そこから副収入を作るために何かしようったって、どうにもこうにも頭が動かない。頭どころか、体さえ動かない。

 

何にもせず、ぼーっと座って珈琲飲みながら、体力を回復させる時間ってサラリーマンにとっては必要不可欠なんです。

 

そうしないと、明日の本業に影響必ず出ちゃうからね。

 

「楽しい」がなければ続かない

f:id:kotobalover:20200302235830j:plain

そんな中で副業を続けられるモチベーションって何かっていうと、これ絶対「楽しい」って感情。

楽しいって感じるポイントは人それぞれだと思うけど、視聴者や読者からの共感って言う人は多いように思う。

 

僕もそう。少し前、僕のブログ記事を読んで、こんなメッセージをくれた会社があった。

 

この度、ブログを拝見させていただき、語学勉強に関する発信する一つ一つの内容に面白くて実用性があり、色んな文化と触れ合うチャンスを作って頂いた素敵なブログと思います。特に、「海外での生活、外国語、その素晴らしさとロマンに魅せられ、一人でもいいからその感動を、他の誰でもない自分の言葉で伝えたいと思っていました。」を読んで、感動しました。

 

こう言ってもらえるだけで、本当にブログを書いてきた意味があったし、素直に嬉しかった。

だから僕は今またこうやって何ヶ月ぶりかにブログを書いているのです。

 

お金はモチベーションになりにくい

f:id:kotobalover:20200302235823j:plain

お金って副業サラリーマンにとってモチベーションになりにくい。副業としてやっているのに、それじゃ本末転倒じゃん、って思われるかもしれないけどね。

 

もちろん、収益がどんどん伸びている時って楽しいから、どんどん作業できてしまう。でも商売で有る限り、右肩上がりの収益増ってまあ難しい。

 

今まで当たり前のようにあった収益が半分になったとき、0になったとき、モチベーションの維持は簡単じゃないと思う。簡単じゃないって言うか絶対に、絶対に難しい。

 

そんなときやっぱりどうして継続できるかっていうと、「楽しい」って感情。

 

特に副業としてやる限り、「しんどいことは本業で十分」っていうのが本音だと思う。僕も間違いなくそう。

 

情報発信の核は「自分」であるべき

f:id:kotobalover:20200302235835j:plain

僕もね、記事を外注ライターに書いてもらったりしてコンテンツを作ってきました。自分でもたくさん記事を書きました。そこでとあることに気づいたんです。

 

PVを集められるのは、外注記事だけど、濃い反応をもらえるのは自分で1から書いた記事。

 

PVを集めるのは、お金を稼ぐために重要なことではあるけど、収益が下がったとき、モチベーションは明らかに下がります。一方で、感動しました!」とか「共感しました!」っていう濃い反応はPVは集まらないけど、情報発信を継続する大きなモチベーションとなる。

 

そして継続性というのは、情報発信で成功を収める人たちの唯一の共通点。

 

だからやっぱり目先のPVよりも、「お金にならなくても楽しい!」って感情が成功するための情報発信でうまくいくための超重要なスパイスなんだと思う。

 

おわりに

そんなわけで今日はパパッと思ってることを記事にしました。

 

楽しい→継続できる→反応をもらう→楽しい→収益があがる

 

このループに自分を落とし込むことができれば勝ったようなもんでしょう。

 

そんな感じで、おわり。

 

ひつじ。

 

こちらもあわせてどうぞ!

www.thaislife.com

www.thaislife.com