ao-アオ-

【年齢】27歳 【僕のこと】大学生時代、アジアをバックパッカーで放浪し、卒業後は1年半のタイ駐在を経験。現在は世界中の文化・言語を扱う月間18万PVのブログを運営中。

フランス語で「おいしい」「うまい」の言い方まとめ!

 

f:id:kotobalover:20190512020515j:plain

フランス語で「美味しい!」という意味の「セボ~ン!」は知られていても、なぜか「トレビア~ン!」ほどは有名ではありません。

 

でも、「フランス語なんて難しそう」という心配は不要です。レストランで、友人宅で、簡単に使える表現を集めてみました。今回は一般的な表現から比喩的表現まで、フランス語の「おいしい」「うまい」についてご紹介します。

 

 

フランス語で「おいしい」「うまい」

f:id:kotobalover:20190512020509j:plain

C’est bon! (セ・ボン)

「おいしい!」という意味のこの表現は、ちょっとしたものから高級なお食事までマルチに使えます。「セボ~ン!」と「ボ」にアクセントを置くと「おいし~い!」というカンジになります。

 

有名な歌に「C’est si bon.(セスィボン)」というものがありますが、元々bon(ボン)またはbonne(ボンヌ)は「よい」「素晴らしい」という意味で、食べ物や飲み物以外にも使うことができます。

「セボン」を「セ」にアクセントを置いて発音すると、「もういい」という意味になるので気をつけましょう。

 

Délicieux ! (デリシュウ)

Déliceieuse !(デリシュウズ)

前述の「ボン」よりもエレガントなこの表現は、英語の「デリシャス」と同じで、ちょっといいお食事などの時に「おいしい!」と言いたい時に使えます。褒める言葉が女性名詞なら「デリシュウズ」となるので注意しましょう。

 

フランスのマクロン大統領がオーストラリアで使った「おいしい夫人」の逸話は、フランスでは「デリシュウ」が「甘美な」という意味でも使われることに起因しています。「魅力的な女性」という意味で、つい、英語に直訳してしまったために起こったアクシデントでした。

 

Excellent ! (エクセロン)

Excellente !(エクセロントゥ)

完璧で非の打ち所がないほど美味しい時は、こちらの「エクセロン!」を使ってみてください。こちらも女性名詞だと、語尾変化があります。

 

自分にとって都合が良いときに使われる「おいしい」「うまい」

f:id:kotobalover:20190512020607j:plain

Quelle chance!(ケル・ションス)

フランス語で「なんて運がいいんだ!」「ついてる!」と言いたい時に使えます。

 

C’est une bonne occasion!(セッ・チュヌ・ボン・ノカズィオン)

「ちょうどいい機会だ!」「チャンスだ!」と、好機到来の時に使えるフランス語です。

 

Ça tombe bien!(サ・トンブ・ビアン)

「ちょうどいい」タイミングよく何かが起きた時に使ってみましょう。「ちょうどそうしようと思っていた」というニュアンスです。

 

C’est une bonne affaire(セッ・チュヌ・ボン・ナッフェーる)

直訳すると「それはいい取引だ」というこのフランス語の表現は、まさに「いい話」「おいしい話」を表現するのにうってつけ。

 

まとめ

フランス語は英語によく似た表現もあるので、意外と難しくないと思ったのではないでしょうか?一度覚えればすぐに簡単に使えるものばかりなので、「おいしい!」が言えるようになったら、是非、比喩表現にもチャレンジしてみてくださいね。

 

A bientôt! (ではまた!)

 

★担当ライター名:MIMIさん
★プロフィール:日本の商社を退職し、フランスで語学の発音学習の研究に携わる。趣味は旅行。ドイツでポリグロット(≒マルチリンガル)の子育て中。

 

こちらもあわせてどうぞ!

www.thaislife.com

www.thaislife.com