INDIES

【年齢】26歳 【僕のこと】大学生時代、アジアをバックパッカーで放浪し、卒業後は1年半のタイ駐在を経験。現在は世界中の文化・言語を扱うメディアを運営中。

ひつじ編集長。の海外ラボ!

【女性が選ぶ】働く30代男性につけてほしいイタリアブランドのネクタイ5選!

f:id:kotobalover:20180620223656j:plain

こんにちは。チャオ。イタリア在住のまこです。

 

ここでは働く30代の男性につけてほしいイタリアブランドのネクタイ5選をご紹介します。男性の皆様はもちろん、これからイタリア旅行を計画されている女性の皆様も、パートナーや上司・ご家族へのお土産や贈り物を選ぶ際の参考にしてみてください。

 

 

マリネッラ(E.Marinella)

 

 

マリネッラは1914年にナポリでエウジェニオ・マリネッラ(Eugenio MARINELLA)氏が立ち上げた老舗ネクタイブランドで、彼の名にちなんでイタリアでは「E.Marinella」と綴ります。

 

マリネッラのネクタイはまるでナポリのカラフルな街並みを表すかのような鮮やかな発色が豊富なので、それらをつければ思わずその場がパっと明るくなることでしょう。

 

色味に遊び心がありながらも柄がシンプルで上品なものが多いので、年齢を重ねた方にも抵抗感なくお召しいただけると思います。

 

1994年にナポリサミットが開催された際の各国の首脳への贈り物として渡されたことでも有名で、本場イタリアには男性物のアイテムのみならず女性向けのバッグやフレグランス、お土産にもおすすめのナポリ伝統のキーチャーム類なども豊富に扱われていますよ!

 

マリネッラは日本への進出も果たしていますのでイタリア旅行の予定がない方も是非お店を覗いてみてください。

ステファノ・リッチ(Stefano Ricci)

 

 

ステファノ・リッチは1972年にフィレンツェでステファノ・リッチ(Stefano Ricci)氏が立ち上げた男性向けのラグジュアリーブランドです。

 

店内で扱われるアイテムはどれもゴージャスそのもの!輝く程見事なシルクが美しいネクタイは、身に着けた瞬間に思わず背筋がシャキッと伸びてしまうこと請け合いです。

 

価格は最低でも2万円台~と、決して安くはないのですが、国を挙げての重要な式典・行事などでは必ずといっていいほどステファノ・リッチは重用されるので、このネクタイさえつけていればどんな場所にお呼ばれしても恥ずかしくありません。

 

上質なシルクは誰が見ても一目で「良いものだな」とわかる名品ですので、是非長く愛用できる一品としてお買い求めになってみてはいかがでしょうか?

 

ベネトン(BENETTON)

 

 

働く30代男性の皆様は、そうはいっても気軽に身に付けられる普段使いのネクタイも必要ですよね!ベネトンは1965年にトレヴィゾでルチアーノ・ベネトン(Luciano Benetton)氏らが立ち上げたイタリアきっての大衆ブランドで、イタリアのビジネスマンも普段使いのネクタイとしてご指名買いする人が多いです。

 

デパートはもちろん、中都市以上の街では大通りや駅ナカなどにもテナント出店しているので、イタリア旅行の際はすぐにお店を見つけることが出来るでしょう。お土産探しにももってこいですし、旅行中、急に高級レストランや劇場などに行くことになった際も重宝します。価格帯は5000円以下のものが中心で、値段の割に質感も良く、見栄えが良い点が魅力的です。

 

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)

 

 

エルメネジルド・ゼニアは1910年にエルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)氏が立ち上げた、イタリアの誇る世界的有名な紳士服ブランドです。いまでは「イタリア発祥」であることを知らない人も多いほど世界各国に進出しており、もちろん日本でも手に入れることができます。

 

どんな職業の人にもつけやすいクセの少ないスタンダードなアイテムが豊富に取り揃えられているので贈り物や、就職・転職活動中の方にもおすすめ。

 

キートン(Kiton)

 

 

キートンは1969年にチーロ・パオーネ(CiroPaone)氏が立ち上げた紳士服ブランドです。「せっかくイタリアのブランドをチョイスするならイタリアらしい小粋なムード漂うネクタイが欲しい!」なんて方にはぴったり。

 

個性的なネクタイはつけるだけでワンランク上のお洒落を楽しむことが出来るでしょう。職業柄「普段使いにはちょっと派手かな…」なんて方は、結婚式やパーティの席でつけると、普段とのギャップに女性の視線を釘づけに出来ること間違いなしですよ!

 

お値段は3万円台が中心で少々お高いのですが、その分品質は間違いありません。

 

まとめ

ちなみにネクタイはイタリア語で「クラバッタ(Cravatta)」といいます。今回ご紹介したメーカーは全て日本でも購入することが出来ますが、イタリアにお出かけの際は是非この「クラバッタ」という単語も頭の片隅に入れておきましょう。

 

素敵なネクタイとの出会いがありますように…チャオ!(バイバイ!)

 

★担当ライター:まこさん

★プロフィール:結婚をきっかけにイタリアに移住。ミラノ郊外で主婦業をする傍ら、週末は独身時代からの夫婦共通の趣味であった旅行を楽しんでいます。

 

こちらもあわせてどうぞ!

www.thaislife.com

www.thaislife.com