INDIES

【年齢】26歳 【僕のこと】大学生時代、アジアをバックパッカーで放浪し、卒業後は1年半のタイ駐在を経験。現在は世界中の文化・言語を扱うメディアを運営中。

ひつじ編集長。の海外ラボ!

【タイ語参考書】単語・文法・読み・書きをマスターするためのおすすめタイ語参考書!

f:id:kotobalover:20180426224159j:plain

こんにちは!

 

最近語学学習へのモチベーションがグイグイ高まってきているひつじ。です。

 

今日は僕がタイ語を身につけるために使った参考書と、プラス会話力を磨くために使えるおすすめのオンラインタイ語講座をご紹介します。

 

・日常生活で使うタイ語の単語をマスターしたい!

タイ語の基本的な文法をマスターしたい!

タイ語を読めるようになりたい!書けるようになりたい!

タイ語を話せるようになりたい!

 

って方はこれから僕が紹介する参考書と、オンライン講座をやっておけば、タイ語でのコミュケーションの基礎は一通りマスターできると思います。 

  

 

【単語帳】実用タイ語単語集

f:id:kotobalover:20180426224752j:plain

 

書店で色々と単語帳を見ましたが、この単語帳がベストでした。

 

この単語帳の何がいいかって、

・日本語、発音、タイ語がシンプルに併記されている

・書籍の横幅が狭い

 これ単語帳を選ぶ上ですごく大切。

 

たくさんの種類の単語帳がありますが、シンプルにまとめられているのって意外と少くないんですよね。類義語・反義語が必要以上の量乗っていたり、イディオムや例文が大量に併記されていたりすると、本来覚えるべき単語が頭に入ってこず、結局単語帳を見るのが負担になり億劫になってくる。

 

僕は単語を覚えるときは、頭をなるべく使わず、なんどもなんども繰り返すことによって覚えていきたいので、シンプルな単語帳がベスト。

 

また単語帳は何度も繰り返すので、本を開いた時に横幅が広いと持っているのが段々としんどくなってきます。この書籍は横幅は広くないため、持っていても疲れません。長く愛用できる単語帳の必須条件です。

f:id:kotobalover:20180426224534j:plain

 

日本語、読み、タイ語がシンプルに必要最低限まとめられていて、質<量を重視する僕にとってはすごく好みの構成です。

f:id:kotobalover:20180426224318j:plain

 

例文は全ての単語に対してあるわけではないのが、ちょっと残念なところかな。

f:id:kotobalover:20180426224337j:plain

 

時折こうやって単語のイメージを絵にすることによって、より記憶に定着させやすくしています。シンプルな構成の単語帳だと、こんな風に自分だけの単語帳に育てていけるんですよね。もちろんCD付きです。

f:id:kotobalover:20180426224359j:plain

 

 

【 文法書】ゼロから始めるタイ語

f:id:kotobalover:20180426230539j:plain

 

文法に関してはこの「ゼロから始めるタイ語」をやっておけば、日常生活で使う基本的な文法を一通りマスターできます。

 

「文法」と聞くと、いかにも「勉強」というかんじですが、身構える必要はありません。タイ語は英語と比べるとずっとずっとシンプルな文法構造ですので、英語に比べて文法の勉強に割く時間はずっと少なくてすむはずです。

 

単語帳と同様カバーは外して使います。

f:id:kotobalover:20180426224601j:plain

 

ページを開くとこの課で身につけるべき文法が盛り込まれた会話文があり、下部には新出単語が表記されています。発音とタイ語も併記されているので、タイ語の学習始めたばかりの方にとっては理想的な構成だと思います。

f:id:kotobalover:20180426224426j:plain

 

右ページには文法の詳細な説明。

f:id:kotobalover:20180426224452j:plain

 

次のページにも文法の詳細な説明、右ページは単語と文法の練習問題で構成されています。この見開き2ページを25課繰り返すことによって、タイ語の文法を網羅できる仕組みになっています。

f:id:kotobalover:20180426224510j:plain

 

まずこの参考書で文法を身につけておけば、タイ人が話すタイ語の文章は理論上ほぼ理解できることになります。もちろん聞き取りや、文字の読み書きという要素が加わるので話はそう単純ではありませんが。

 

文法という土台を作り、単語という積み木を積み上げて行きましょう。するとタイでのタイ語生活がずっと楽しく、そして楽なものになっていと思いますよ。

 

 

【読み・書き】タイ文字 読み書きの基礎

f:id:kotobalover:20180426232839j:plain

 

ここで紹介しときながら大変申し訳ないですが、こちらの書籍日本では手に入れることができません。僕はというとバンコク伊勢丹の中に入ってる紀伊国屋書店で購入したのですが、恐らく今も置いてるはずです。もしバンコクに行く機会があれば、1冊必ず買っておくべきです。アクセス等はこちらを参照。

 

内容はですね、ひたすらドリル形式。この1冊が終わってる頃にはタイ語タイ語が正しい発音で読めるし、正しい声調で発音できることでしょう。タイ文字は習うより慣れろ!です。頭を使って理解しようとするより、とにかく問題を解いて、解いて解く方が早く身につきます。

f:id:kotobalover:20180427000427j:plain

 

巻末にしっかり答えが載っているので安心です。

f:id:kotobalover:20180427000426j:plain

 

ボリュームがかなりあるので、終えるのに時間がかかるのですが、間隔を開けてしまうととたんに忘れていきますので、できるだけ短期間で集中して取りくみマスターしてしまえば、その後のタイ語学習がより楽になっていくはずです。

 

目で見て単語を覚える行為は記憶の定着に大いに寄与してくれるので、タイ語の語彙をたくさん身につけたいという方はタイ文字を覚えることは必須です。

 

価格も200฿と安いのも嬉しいところ。いるかどうかわかりませんが、もしこの書籍が欲しいという方がいれば、メッセージください。タイから取り寄せさせて頂きます。

 

【会話】タイゴー!

f:id:kotobalover:20180829004730j:plain

これらの参考書を使い十分にインプットをしたら、次はアウトプットです。近頃オンライン英会話が巷では流行っていますが、タイ語も同様にオンラインタイ語レッスンがあります。

 

僕がよく使っていたのは「タイGO!」というサイト。

1回152円からタイ語レッスンが受けられるスカイプを使ったオンラインタイ語教室 | オンラインタイ語教室 タイGo!

 

1ヶ月毎日25分のレッスンが受けられ、月額6,000円。フリートークでもいいですし、まだ自身がなければ教科書を使いながらレッスンを進めていくことができます。

 

嬉しいのは、日本で販売しているほぼ全てのタイ語参考書に全ての教師が対応してくれるので、今使っている参考書でわからないことがあれば、生のタイ語で優しく丁寧に教えてくれます。

 

またほとんどの講師は簡単な日本語を話すことができるので、タイ語が全くできない段階からでも問題なく受講できると思います。

 

移住や駐在が決まり、日本での準備期間のうちに少しでも生のタイ語に触れてみたいという方であれば、一度レッスンを受けてみてください。言語のリズムに早い時期から慣れておくことができます。

 

 まとめ

今日紹介した参考書を使い、単語・文法・読み・書きをまずは理解し、十分にインプットしましょう。ある程度インプットができたな、と思ったところで次はアウトプットです。

 

タイGO!を使えば日本にいながらでも生のタイ語を勉強することができますので、会話の勉強には絶対にオススメです。

 

このインプット、アウトプットを繰り返し、繰り返し行っていけば、言語は自然に身についていきます。ポイントは間隔を開けずにできるだけ短い期間で「繰り返し」を行うこと。そうすれば必ずタイ語が読めるようになるし、聞けるようになるし、話せるようになります。

 

そんな感じで今日は僕が独学でタイ語を身につけた際に使用した参考書、オンラインレッスンサイトをご紹介致しました。

 

これからタイ語の勉強を始める方の参考になると嬉しいです。

 

おわり

 

ひつじ。

 

こちらもあわせてどうぞ!

www.thaislife.com

www.thaislife.com