ひつじ編集長の海外ラ・ボ!

★年齢・性別 26歳・男 ★主に書く記事 英語、タイ語、海外、旅のこと ★好きな国 タイ&インド ★略歴 大学生時代、アジアをバックパッカーで放浪し、卒業後は1年半のタイ駐在を経験。現在は世界中の文化・言語を扱うメディアを運営する、自称編集長。 ★尊敬する人達 ・沢木耕太郎/小説家 ・加藤直徳/元TRANSIT編集長 ・本田圭佑/サッカー日本代表 ・大木伸夫/ACIDMAN ギターボーカル

ひつじ編集長。の海外ラボ!

【超絶雑記】地元とブログと、タイでの生活のこと。

f:id:kotobalover:20180108235809j:plain

  

こんにちは、ひつじ。です。

 

なんかこう、夜にしか書けない記事が、この世の中にはある気がする。外が明るくなって、読み返して恥ずかしくなっても別に良い。

 

特に何を書くわけでもなく、ただただ頭の中に入ってる言葉をキーボードを通して書いていく。それだけでいい。

 

この記事のタイトルは決まっていない。これから何を書こうかも決まっていない。でもこうして文章を書くことがただ楽しい。それが誰の役に立たない文章だとしても。

 

この記事は「no index」タグでGoogle先生には見つからないようにするから、別にクソ記事でも1000文字以上書かないといけないわけでもない。

 

今日はなにをかこうか。

 

 

生まれた土地を長く離れて気づき始めた地元の良さ。

f:id:kotobalover:20171216184624j:plain

僕は特段地元が好きというわけではなかった。高校を卒業して、大学に入学したあとも地元に帰りたいとか、地元に就職したいとか、強い考えを持ったことはあまり多くないように思う。

 

何か、地元で生活していると、「何かを成し遂げてやろう!」とか「何か新しいことを始めよう!」っていう気持ちがどんどん萎えていくことをいつも感じていた。別に今でさえ何かを成し遂げたわけではないけれど。

 

たぶん、居心地が良すぎるんだと思う。

 

全てのことが不自由なく進行してく様は、まるで寒い朝に暖かい朝風呂にずっと浸かっているかのような感覚にさえなる。

 

その居心地の良さに甘えることに危機感のようなものを覚えて、大学生になってからはなるべく地元に近寄らないようにしていた。ハングリー精神がなくなっていくようで怖かった。

 

社会人になり、働き始めてから、職場や、初対面の人に出身地をいうと、「いい場所だね」とか「羨ましい」と言われることが多くなった。

 

地元にいるときは特段そこがいい場所なんて考えたこともなかったけど、この年末年始、地元に帰ると、ふと違った目で地元を見ることができた。多分、多くの人に地元のことを話したからだと思う。

 

山と海、美味しい料理、都会過ぎず田舎過ぎずちょうど良い。暖かい人柄。

 

今はまだ都会で仕事をしてるけど、なんかいつか地元に帰って、地元を愛しながら生きていくのも悪くないと思った。

 

ブログのPV数は毎月予想外に伸びていく

f:id:kotobalover:20171212221846j:plain

話は変わるけど、最近ブログのPV数が目に見えて増えてきた。1日あたりのPV数でいうと、おおよそ1700PVだ。

 

12月初旬はおおよそ800PVくらい、月末には1000PVをコンスタントに出せるようになって喜んでいた。これでも結構増えてきたなあ、って感慨に浸ってたけど、1月初旬の今ではその倍近くになっているわけだ。

 

正直12月では考えもしなかった。1200PVくらいをコンスタントに出せればいいかなあ、って思ってたくらい。

 

当然バズでのPV増加ではなく、90%くらいは検索からのお客さんだ。

 

PV数が増えた要因は記事を継続的に投入し続けてるってのもあるけど、多分年末に行った、コンソールを見ながら検索されやすいタイトルに変えたり、直帰率を下げたり、滞在時間を伸ばすためのリライトをしたことがじわじわ効いてきてるんだと思う。

 

でも僕一人の力では絶対にここまでPV数を伸ばすことはできなかった。いつも素晴らしい記事を書いてくれるライターさんには本当に感謝したい。

 

それで今ではまだ1日3000PVって想像もできないし、本当にそんなところまでいくときがくるのか?って思ってるけど、それは意外と早くくるかもしれない。

 

1年以上ブログを続けているけど、ブログへの熱い思いはずっと消えてないし、これからも僕のエネルギーを注ぎ続ける場所になると思う。

 

こんなに楽しくて、夢があるものに出会えたことが本当にラッキーだと思う。 

 

タイでの生活のこと

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kotobalover/20170204/20170204133052.jpg

いつもの雑記のように何の脈絡もなく記事を書き続けようと思う。まだ「公開する」ボタンを押す気にはなれない。

 

寒いからノスタルジックになるからか、僕が懐古的な性格だからか、タイの生活のことを今でもよく思い出す。

 

通勤中の車の中、ひどい渋滞、休日によく行ったMBK、そこで働くミャンマー人、家の近くのスパゲティ屋さんと、そこの可愛い店員さん。

 

新卒でタイに駐在になって、もちろん楽しいことばかりではなかったし、毎晩金縛りにあうくらい辛いこともあった。

 

でも日本に帰ってきた今では良かったこと、楽しかったことしか思い出すことができない。

 

今年のゴールデンウィークはタイに旅行にいこうかな。

 

おわりに

今日はそんな感じ。ほーんとただの日記帳。たまには良いよね。書くことの楽しさを味わうことができるから。知らないうちに2000文字超えてる。

 

おわることにします。

 

「公開する」 

 

★担当ライター:ひつじ。

★プロフィール:記事を書くのが大好き。ブログのない人生は考えられないほど、ブログが好き。最近では世界各国に住むライターと協力し、海外記事作成に取り組み中。