ひつじ編集長の海外ラ・ボ!

★年齢・性別 26歳・男 ★主に書く記事 英語、タイ語、海外、旅のこと ★好きな国 タイ&インド ★略歴 大学生時代、アジアをバックパッカーで放浪し、卒業後は1年半のタイ駐在を経験。現在は世界中の文化・言語を扱うメディアを運営する、自称編集長。 ★尊敬する人達 ・沢木耕太郎/小説家 ・加藤直徳/元TRANSIT編集長 ・本田圭佑/サッカー日本代表 ・大木伸夫/ACIDMAN ギターボーカル

ひつじ編集長。の海外ラボ!

【イタリア語】恋人や友人同士で使える スラング&若者言葉まとめ!

f:id:kotobalover:20171220230743j:plain

 

★担当ライター:まこさん

★プロフィール:結婚をきっかけにイタリアに移住。ミラノ郊外で主婦業をする傍ら、週末は独身時代からの夫婦共通の趣味であった旅行を楽しんでいます。

 

ここではみなさまに、イタリア語の恋人や友人同士で使えるスラング&若者言葉をご紹介します。SNSハッシュタグやサッカーの横断幕などで登場することも多いので、是非意味を知って、よりイタリアを身近に感じてみてください!

 

 

友人に使えるフレーズ

f:id:kotobalover:20171220230823j:plain

【Occasione(オッカジオーネ)=チャンス!】

「オッカジオーネ」は英語の「オケージョン(Occasion)」にあたる言葉で「チャンス!」といった時に使います。特にサッカー観戦などをしているとあちらこちらから聞こえてくる単語。是非覚えて使ってみてください!

 

【Pochino(ポキーノ)=ちょこっと】
「ポキーノ」は「ちょこっと」という意味のイタリア語。本来は「ポコ(Poco)」というイタリア語で事足りるのですが、ポコよりもさらに少なめにしてほしいときに、より縮小を表すため「~ノ(~ino)」という言葉を追加して「ポキーノ」と言います。日本語でいう「ちょっと」⇒「ちょこっと」・「ちょびっと」の違いのようなものでしょうか。「~ノ(~ino)」を付けて、より小さなものを表すイタリア語は他にもたくさんあり、例えば携帯電話も小さな電話なので「テレフォニーノ(Telefonino)」と言ったりします。

 

【Pasticcione(パスティッチョーネ)=ドジな人】

パスティッチョーネ(Pasticciare)は「こねる・かき回す」という意味のイタリア語で、転じて現場をゴタゴタに混乱させてしまう人を指します。あまりイイ意味ではありませんが、幼児向けテレビ番組などでも使われる単語で、イタリアの子供が大好きな童謡「イル・クオッコ・パスティッショーネ(Il Cuoco Pasticcione)=ドジなコックさん」でもおなじみの単語なので、そこまで神経質にならなくてOK!是非取り入れてみてください。

 

【Ricarica(リカリカ)=携帯代をチャージする・携帯を充電する】

「リカリカ」は「携帯代をチャージする」という意味のイタリア語。「リカリカーレ(Ricaricare)=充電する・チャージする」という動詞から来ている為、携帯電話を充電したい時にも使います。イタリアではプリペイド式の携帯電話が主流の為「そろそろリカリカしなきゃ」といった会話はしょっちゅう耳にします。

 

恋人に使えるフレーズ

f:id:kotobalover:20171220230840j:plain

【コルポ・ディ・フルミネ(Colpo di fulmine)=ひとめぼれ】

「コルポ」は「打撃」、「フルミネ」は「雷」を表すイタリア語で「雷の一撃」転じて「一目ぼれ」を表します。天使にハートを射抜かれるような素敵なシーンを想像してしまう言葉!仲間同士の会話で「これ、一目ぼれだったの(衝動買いしちゃった!)」といった事を言いたい時にも使います。

 

【タンティ・バーチ(Tanti Baci)=たくさんのキスを】

「タンティ」は「たくさん」、「バーチ」は「キス」を表すイタリア語で「たくさんのキスを」という意味になります。どちらかというと書き言葉で使われるフレーズで手紙やメールの最後に添えられることが多いもの。家族や仲間に使ってもOKなので、旅先から絵はがきを出す際などに添えてみてはいかがでしょうか?

 

【ガッタ・モルタ(Gatta morta)=猫を被る】

「ガッタ・モルタ」は「死んだメス猫」という意味のイタリア語で、転じて「猫をかぶる」ことを意味します。日本でいう「たぬき寝入り」のようなものでしょうか。若者の会話や芸能ゴシップ記事などでは頻繁に登場する言葉です。

 

【アモーレ・エ・オディオ(Amore e odio)=切っても切れない関係】

直訳すると「愛と憎しみ」という意味のイタリア語で、転じて「切っても切れない関係」を表します。イタリア人も日本人と同じ?で、女の子同士が集まると彼や旦那さんの愚痴大会はお約束!そしてひととおり話が終わった後に放たれる「アモーレ・エ・オディオ」という言葉もまたお約束です。

 

まとめ

いかがでしたか?イタリア人の体温が伝わってくるようなスラングの数々。耳にするだけでよりイタリア人を身近に感じることが出来るのではないでしょうか?是非機会があれば使ってみてください。きっとイタリア人から「マンマ・ミーア!(なんでそんなこと知ってるの!?)と驚いてもらえることでしょう。チャオー(バイバイ)。

 

こちらも合わせてどうぞ!

www.thaislife.com

www.thaislife.com