ひつじ編集長の海外ラ・ボ!

【年齢】26歳 【僕のこと】大学生時代、アジアをバックパッカーで放浪し、卒業後は1年半のタイ駐在を経験。現在は世界中の文化・言語を扱うメディアを運営中。

ひつじ編集長。の海外ラボ!

【長崎】トンネルを抜けると海と丘の町があった

f:id:kotobalover:20171207233038j:plain

 

僕は長崎が好きだ。

 

長崎へは高校時代修学旅行で初めて訪れた。今からも10年も前だ。

 

それ以前、僕の生まれた土地から遠く遠く離れた長崎は、日本地図の上だけで存在するのっぺりとした平面的な町でしかなかった。

 

でも修学旅行で訪れたあの時以来、町はまるで「飛び出す絵本」の様に完璧な3次元イメージとして僕の頭の中で組み上がった。

 

理由もなくあの町が好きだった。旅行から帰ったあとも僕は何度も何度も長崎の町の写真を見ていた。

 

太陽に照らされた急勾配の坂道や、ビードロの様に透き通る空気、夕暮れの港、色褪せた路面電車

 

全てのものがバランス良く配置され、それぞれにそれぞれの役割をこなしていた。

 

あれから10年後の今日、僕はまた長崎の町を訪れたいた。今回は仕事だ。

 

町はあの時と変わらない。海があり、丘がある。

 

僕は長崎が好きだ。

 

ひつじ。

 

こちらも合わせてどうぞ!

www.thaislife.com

www.thaislife.com