ひつじ編集長の海外ラ・ボ!

★年齢・性別 26歳・男 ★主に書く記事 英語、タイ語、海外、旅のこと ★好きな国 タイ&インド ★略歴 大学生時代、アジアをバックパッカーで放浪し、卒業後は1年半のタイ駐在を経験。現在は世界中の文化・言語を扱うメディアを運営する、自称編集長。 ★尊敬する人達 ・沢木耕太郎/小説家 ・加藤直徳/元TRANSIT編集長 ・本田圭佑/サッカー日本代表 ・大木伸夫/ACIDMAN ギターボーカル

ひつじ編集長。の海外ラボ!

【一覧】恋愛で使えるインドネシア語フレーズまとめ

f:id:kotobalover:20171202204947j:plain

 

★担当ライター:ジャカルタさん

★プロフィール:ハリウッド俳優イライジャ・ウッドに憧れて、大学で英語を猛勉強。語学好き。現在夫とともにインドネシアジャカルタに在住し、インドネシア語を学びながら、日々新しい発見を楽しんでいます。

 

こんにちは。今回は恋愛で使えるインドネシア語フレーズをいくつかご紹介したいと思います。インドネシアといえば、宗教色が非常に強いのが特徴です。1日5回のお祈りをはじめとして、日常生活にとっても強い影響がありますが、男女の恋愛においても、タブーや決まりがあることも多いです。インドネシアでの恋愛事情や、もしもインドネシアで恋をしてしまったら…そんな時に役にたつフレースをご紹介させていただきます。

 

 

恋愛でよく使うフレーズ

f:id:kotobalover:20171202205027j:plain

告白編

【私と付き合ってください】

Tolong jadi pacarku. (トロン ジャディ パチャルク)

 

愛情表現編

【好きだよ】

Aku suka kamu. (アク スカ カム)

 

【愛してる】

Aku cinta kamu.(アク チンタ カム)

 

【ずっとそばにいてくれる?】

Kamu akan selalu ada di sisiku?(カム アカン スラル アダディ シシク?)

 

【あなたしか見えない】

Aku hanya tertarik dengan kamu.(アク ハニャ トゥルタリック ドゥンガン カム)

 

【あなたを離さない】

Aku tidak akan melepaskanmu.(アク ティダッ アカン ムルパスカンム)

 

プロポーズ編

【結婚してください】

Aku ingin kamu menikah dengan aku.(アク インギン カム ムニカ ドゥンガン アク)

 

【私の奧さんになってください】

Mohon agar kamu mau menjadi istri saya.(モホン アガル カム マウ ムンジャディ イストリ サヤ)

 

別れ編

【私たち、もう終わりにしよう】

Sudah, mari kita akhiri.(スダ、マリ キタ アクヒリ)

 

【他に好きな人ができたんだ】

Aku sudah temukan orang yang suka.(アク スダ トゥムカン オラン ヤン スカ)

 

 インドネシアの恋愛について

f:id:kotobalover:20171202205212j:plain

地域や人によって、全く違う恋愛観

インドネシアは、多数の島と言語、宗教が入り混じる他民族国家なので、恋愛観については一概に言えません。人口の9割を占めると言われるイスラム教の国ですが、とっても厳格なイスラム教徒の女性は、結婚前にお肌を見せたり、男性に触られたりすることもタブーです。ただし、その信仰度は人それぞれなので、日本と同じように彼女、彼氏を作る人もいますし、下ネタが大好きな人も!(笑)また、バリでは、ヒンドゥー教の方が多いので、恋愛に関してはおおらかで、外国人との恋愛を楽しむ人もいます。

 

女性はとっても草食系

恋愛は、すべて男性から始まるのが、インドネシア流です。若い人はそうでない場合も多いのですが、基本的には声をかけるのも、告白するのも、結婚の申し込みをするのも、「すべて男性から」という暗黙の了解があり、恋愛に対して男性は肉食、女性は草食なのだそうです。

 

人前ではイチャイチャNG!

インドネシア人のカップルは、人前でベタベタしたり、手を繋いで歩いたりすることをあまり好みません。女性はお話大好きな人が多いので、カフェやレストランで、仲良く話をしているカップルをよく見かけます。また、電話やSNSで頻繁に連絡を取り合うのだそうです。恋愛表現は激しくありませんが、お互いに思い合っている様子がよくわかります。

 

まとめ

恋愛で使えるインドネシア語の基本的なフレーズを中心に紹介しました。宗教や文化の違いがありますので、一方的に愛を伝えるのではなく、相手の意向を聞きながら、ゆっくり恋愛を進めていくと、良いのではないかと思います。ぜひ、参考にして。

 

こちらも合わせてどうぞ!

www.thaislife.com

www.thaislife.com