page contents

ひつじ編集長の海外ラ・ボ!

語学のこと、旅のこと、ブログのこと、その他幅広く。

インドネシア語で「お会計お願いします」

f:id:kotobalover:20170929194457j:plain

 

★担当ライター:ジャカルタさん

★プロフィール:ハリウッド俳優イライジャ・ウッドに憧れて、大学で英語を猛勉強。語学好き。現在夫とともにインドネシアジャカルタに在住し、インドネシア語を学びながら、日々新しい発見を楽しんでいます。

 

レストランでの食事は大きな旅行の楽しみです。美味しい食事をした後は、出来ればスマートにお会計したいですよね。今回は、インドネシア語でお会計を伝える表現をご紹介したいと思います。

 

 

 

最も一般的な表現は?

f:id:kotobalover:20170929194700j:plain

ズバリ、一番通じるフレーズは、

 

「ミンタ ビル(Minta bill)」です。

 

インドネシア語では、英語をおり混ぜる表現が日常的に使用されていますが、ビル(Bill=請求書)もそんな単語の一つです。

 

ただし、紛らわしいことに、インドネシア語でビールのことを同じく「ビル(Bir)」と言いますので、お酒を飲みながら食事していた時には、ちょっと注意が必要です。

お会計が欲しくて、「ミンタ ビル!」とお願いしたのに、また、並々注がれたビールがやって来た…なんて笑い話があります。

 

インドネシア語で店員さんを呼んでみよう

f:id:kotobalover:20170929194531j:plain

インドネシアでは、テーブル会計が一般的です。お会計の時は、店員さんに声をかけ、請求書をお願いする必要があります。

 

日本では、「すみません」などと声をかけることが多いですが、インドネシア語では、敬称で呼びかけるのが一般的です。

 

「若い男性、お兄さん」を表す、「マス(Mas)」、

「若い女性、お姉さん」を表す、「ンバッ(Mbak)」と呼びかけてみましょう。

 

地域によって差があり、例えばリゾート地バリでは、男性に対して「ブリッ(Bli)」、女性に対して「ンボッ(Mbok)」を使います。

 

インドネシア語で「お会計」は「ボン」?

f:id:kotobalover:20170929194635j:plain

少し混乱を招くかもしれませんが、実はお会計を表す、最も正式なフレーズは、「ミンタ ボン(Minta bon)」です。

 

ほとんどの教科書では、この「ミンタ ボン」を「=お会計お願いします」として紹介していると思います。ただ気をつけたいのが、このフレーズ、日常会話ではあまり通じません。

 

言葉の意味としては、

  • ミンタ(Minta)= 〜をお願いします、〜をください
  • ボン(Bon)= 伝票

 

ですから、根本的な言葉の意味は合っているのですが、実はこの「ボン」、昔ながらの手書きの伝票のことなのです。

 

インドネシアでも、レジや電子伝票が主流になって来ていますから、この言葉をレストランで使うと、馴染みの店で「つけといて〜」というようなニュアンスになってしまいます。

 

店員さんが怪訝そうな顔をするワケです。

 

混乱を避けるためにジェスチャーを使おう

f:id:kotobalover:20170929194722j:plain

ジェスチャーを使用するのが、最も一般的です。

 

「ミンタ ビル(Minta bill)」と声をかけながら、空中でペンを持ちサインをするような動きを見せましょう。

 

このジェルチャーは、広いレストランなどで、声の届かない距離にいる店員さんに、お会計の意思を伝えるときにも有効です。

 

その他異なるニュアンスの「お会計お願いします」

f:id:kotobalover:20170929194744j:plain

「支払う(bayar)」という単語を使った、「マウ バヤール (Mau bayar)」や、

「(食事が)終わったよ」という意味の、「スダ スルサイ(Sudah selesai)」も会計の意思を伝えることが出来、誤解の少ない表現です。私はこちらのフレーズを使うことが多いです。

 

Mau :  〜したい

Bayar: 支払う

Sudah : 既に〜した

Selesai: 終わる

 

語尾に「ヤ(ya)」をつけると、ちょうど日本語の「〜だよ」のように、柔らかい表現になるので、少しこなれた感じを出したい方は使ってみるといいと思います。

 

「マウ バヤール ヤ〜(Mau bayar ya)」、「スダ スルサイ ヤ〜(Sudah selesai ya)」

 

チップはどうしたらいい?

f:id:kotobalover:20170929194802j:plain

海外で気になるチップの習慣ですが、インドネシアでは基本的には必要ありません。

外国人向けのレストランでは、サービス料金として会計に含まれていることがほとんどです。

 

まとめ

インドネシアの方は、横柄な物言いや、傲慢な態度を嫌います。

 

レストランなどでサービスを受けた際には、笑顔で、「テリマ カシ(Terima kasih、=ありがとう)!」と、感謝の気持ちを伝えることが一番大事です。

 

インドネシア語はなかなか馴染みのない言語ですが、現地に行った際は、ぜひ、使ってみてください。外国人が少しでもインドネシア語を話すと、現地の方はとっても喜んでくれますよ。

 

こちらも合わせてどうぞ!

www.thaislife.com

プライバシーポリシー