page contents

ひつじ編集長の海外ラ・ボ!

語学のこと、旅のこと、ブログのこと、その他幅広く。

我々は「不便」を歓迎し、日本は「税金」を安くすべき。

f:id:kotobalover:20170924011553j:plain

こんにちは。

 

ひつじ編集長です。

 

税金高いよ、日本。社会がもっと不便でもいいから、税金や光熱費を安くすべきだとずっと思ってる。

 

今の日本を一人の人間に例えると、毎月の収入が20万円しかないのに、家賃15万円の家に住んでるようなもんだよ。

 

今日はそんな話をひとつ。

 

 

日本の道路環境の異常さ

f:id:kotobalover:20170924011612j:plain

例えばさ、よく不思議だなって思うのが、日本の道路の異常な綺麗さ。日本中どこまで行ってもほぼ完璧に舗装されてる。デコボコで地面がむき出しの道路なんて、ほとんど見ないし、ちょっとのひび割れでもすぐに修正される。

 

これが全部税金で賄われてるなんて、不思議でしゃあない。そんな綺麗にしなくても良くない?道路なんて汚くても死にはしないよ。ちょっとくらいひび割れててもいいじゃん。土埃が舞っててもいいじゃん。そんな綺麗にしなくてもいいから、個人が払う住民税や、所得税なんかをもっと減らしてほしいわ。

 

下に引用した記事によると、日本の道路舗装率は96%に達してるのにもかかわらず、それでもなお税金を投入し続けてると。日本の道路支出は国土面積が25倍もある、アメリカと同等らしいね。

 

いま、国道・都道府県道の舗装率(簡易舗装を含む)は96%に達しています。(中略)それでも入ってくる税金を、ひたすら道路づくりに投入し続けるのが、道路特定財源です。ムダな公共事業を拡大するしくみの最たる例として、見直しを求める世論が高まってきました。

ここが知りたい特集/道路特定財源/一般財源化って?

 

ほんと無駄すぎる。綺麗にしすぎ。後進国レベルとはいわないが、今よりも綺麗すぎない道路にしてほしい。砂埃が舞うくらいにね。それに反対する人だけが、個人的に道路の財源を負担したらいいと思う。

 

高すぎる水道代

f:id:kotobalover:20170924011627j:plain

それから税金ではないけど、よく思うのは水道代って高すぎるよね。僕の今まで住んできたところは一人暮らしでも、大体月に2000円はした。水源からの距離や、運営する事業体にもよって違うらしいが、高いところはもっと高いらしい。

 

なぜこんなに高いかというと、水質を高めるための、人件費・電気代・薬品代がかかってるから。

水道料金ランキング!地域差に驚き!ウチは高い地域?安い地域?

 

いやさ、確かに水道ひねったら安全な水が出てくるのはありがたいよ。でもさそれは当たり前じゃん、高い水道代払わされてるんだから。

 

正直風呂に入るとき、手を洗うとき、トイレを流すときは、泥水まではいかないけど、もっと水質の悪い水でいいでしょ。

 

例えば、僕の住んでたタイは水道からの水は絶対に飲めなかった。お腹壊すからね。でも当然料金は安くて、一人暮らしで、月に大体100バーツだった。日本円にすると、300円。水道水は飲めないから飲み水はどうするのかっていうと、外に給水機がおいてあって、そこに1バーツを入れると、1Lくらいの水が入る。そんな風にしてたら、500円もあれば、月の水道代がまかなえた。

 

水道から出る水質向上に力を注ぐより、水道水の質を落として、飲み水だけは別料金を払うようにしたい。

 

異常な治安の良さ

f:id:kotobalover:20170924011645j:plain

それからさ、公務員である警察の維持費も税金で賄われてるんでしょ。

 

警察って確かに必要なのは必要なんだけどさ、例えば、無駄な取り締まりとか、夜のパトロールとかいるの?

 

日本の治安が良いのが警察のおかげなのか、国民性なのかはわからないけど、仮に警察の治安維持が功を奏してるのだとすれば、その治安維持にかける支出を減らし、警察のお給料も減らしてほしい。

 

少し治安が悪くなってもいいじゃん。海外に行ったときみたいに自分の身を守るのは自分って風な認識を全員が持ってれば、警察の治安維持に期待しなくてもいいようになる。

 

支出だけだが増えていく…

f:id:kotobalover:20170924011717j:plain

そんなことを考えると、必要以上のバジェットを維持するための、費用がかかりすぎてる。例えば昔は電気の供給だってもっと不安定だったはずだ。定期的に停電があるから、ローソクは常備品だったと聞く。それでも人々は問題なく生活してた。当時の人はそんなもんだと思ってたんだろう。でも1度生活が便利になると、もう昔のような不便な生活には戻れなくなる。必要以上に快適な生活を維持しようと、支出だけが増えていく。

 

まとめ

一回このあたりで「便利さ・快適さ」というものを見直したほうがいいと思う。僕個人的には日本の快適さ、治安の良さは過剰すぎるし、そんなものは求めてない。生活が快適になって、税金や支出が増えないならいいけど、結局個人の負担は増え続けてる。

 

冒頭に書いたようにこれでは月の収入が20万円しかないにもかかわらず、家賃15万円の超快適マンションに住んでるようなものだ。

 

生活の維持費が高いから少子化は加速し、日本という国は衰えていく。不便を歓迎することで、日々の維持費を少なくし、出生率をあげ、財源の担い手を増やす。快適さを再び求めるのはそれからでも遅くない。

 

ひつじ。

 

こちらも合わせてどうぞ!

www.thaislife.com

www.thaislife.com

プライバシーポリシー