page contents

ひつじ編集長の海外ラ・ボ!

語学のこと、旅のこと、ブログのこと、その他幅広く。

ブログ継続の方法とそのコツとは?どうすれば『100記事達成』できるか考えてみた。

f:id:kotobalover:20170731132505j:plain

こんにちは。

 

ひつじ。です。

 

ちょっと前にこのブログも100記事を超えるようになって、ブログはじめてもうすぐ10ヶ月くらいになるので、今日はちょっとえらそうにブログ論でも書いてみます。

 

 

正直自分もまだまだ弱小ブロガーから抜け出せていませんが、ブログ最初の登竜門である100記事はなんとか達成しました。

 

もちろん僕よりもずっとずっとブログを長く続けてて、超ベテランブロガーもたっくさんいますが、弱小ブロガーの今だからこそ持てる視点で『どうすれば100記事達成できるのか?』を考えてみました。

 

「100記事まで遠すぎ!」

「どうすれば100記事達成できるの?」

「記事書くのがしんどい…もうブログなんて続けられない…」

 

なんて考えている人は是非読んでみてください。

 

 

とにかく好きなことだけを書く

f:id:kotobalover:20170731132527j:plain

僕は100記事を達成するまで、そして今でも自分が書いてて楽しくない記事は一切書いていません。

 

正確にいうと「公開」してないと言った方がいいのかな。例えば記事を書き始めて、筆が全然進まないとか、文字数ばっかり気になっちゃうような記事は書いてる途中で全部消すか、ただのアイディアとして下書きに眠らせています。

 

でも書いていて楽しい記事だと、キーボードを打つ手が止まらなかったり、気づいたら「え?もう1000文字?」みたいに感じることが実は多い。

 

そんな風に感じる記事だけを書くべきなんじゃないかと。それが読んでくれる人にも伝わると思うしね。

 

 

だから書いていて楽しい記事しか書かない!これまず継続の秘訣!

 

適当な記事を書く

f:id:kotobalover:20170731132552p:plain

いつもいつも力を入れて記事を書いてると絶対疲れるよね。

 

もちろんそれができるに越したことはないし、Googleにも評価されると思うんだけど、絶対疲れるよ。

 

ブログって何書いてもいいんだし、PV数とか、収益とかちょっと置いといて、自分の中に溜まってるものを吐き出すだけでも十分なんじゃないかと思う。

 

それがちゃんとした記事じゃなくても、ブログってのを通して自分を表現できるならば、僕はそれで十分なんじゃないかと思う。

 

でも50文字とか100文字の記事だと、ブログ自体が価値のないブログって評価されることがあるらしいから、「適当」って言っても最低やっぱり1000文字は書きたいね。

 

書きたくない時は書かない

f:id:kotobalover:20170731132619j:plain

1番上の好きなこと以外は書かないってのにちょっと似てるかもしれないけど、書きたくない時にさ、無理に書こうとすると、ブログ自体が苦痛なものになって続かなくなるんじゃないかな。

 

仕事でもなんでもないんだし、書きたくない時は書かないでいいし、書きたいときは目一杯書いたらいいんじゃないかな。

 

夜中に書いてみる

f:id:kotobalover:20170731133242p:plain

例えばね、「これ書いたらこんなこと言われるんじゃないか」とか「なんか恥ずかしいこと書いてるな」とか考えちゃって書けないときは、1度夜中に書いてみることをおすすめする。土曜の夜とかね。

 

夜中に書くとね、誰も起きてないから、この記事公開したって誰も見ないんじゃないかという錯覚に陥るわけです。たとえその記事を予約投稿で昼間に投稿したとしてもね。

 

そうすると割と自分の本音で記事が書けたりする。昼間に書くよりも。そんな風に書いた記事の方が反応がよかったり。

 

誰かの目を気にして書けないなら、夜中に書くとすらすら書ける時がある。1度ためしてみて!

 

収益度外視

f:id:kotobalover:20170731132642j:plain

もちろん収益が上がるにこしたことはないけどね。でももしお金がめっちゃほしいって目的でブログを始めたとするよね。で、収益が思うように上がらないと多分ブログが嫌になっちゃうと思うんだ。

 

僕の例で悪いんだけど、僕は9ヶ月間ブログを書いてて、ずっと収益は0でした。

 

当時はね、とりあえず100記事達成するために必死だったから、まあ今は消した記事もあるけど、ほぼ毎日書いてた。仕事が終わって21時くらいに帰ってきて、それから3時間くらいずっと。

 

でも全然収益あがらないんですよ。

 

これお金目的でブログ書いてたとしたら、絶対辞めてる。だってこんな割に合わないお金稼ぎないもん。バイトしてる方がよっぽど即金性あるし。

 

まあ中には超絶天才ブロガーもいて1ヶ月とか2ヶ月で10万、20万の収益あげる人がいるし、もしあなたもそんなブロガーの仲間なら、それは素晴らしいし、すごいと思う。でもね、もし「毎日書いてるのに収益全然あがらないよ…」って感じてたら、1回収益のことは度外視しよう。

 

収益は度外視してね、上にも書いたように、自分が書いててただただ楽しい記事だけを書いてみよう。

 

人と比べない

f:id:kotobalover:20170731133634j:plain

やっぱりさ、ブログやっててたくさん記事を書いてると、大体同じくらいに始めたブロガーさんたちや、同じくらいの記事数の人たちと比べたくなるんだよね。

 

ブログ始めて1ヶ月で収益10万円達成!」とか、「50記事で月間5万PV!」とか。まあそんな極端じゃなくても自分と同じくらいのレベルだと思ってたブロガーさんの方が余裕で収益やPV数上回られてたりね。で、そんな人たちの月末のブログ報告とか見るたびに落ちこだりすると。

 

でもことによるとそんな人たちってほんとーに一握りらしんですよね。

 

上見てもキリないし、下見てもキリない。

 

逆にあなたよりももっと少ない記事数でブログから脱落しちゃう人もいるわけですよ。

 

そう考えるとね、例えPV数や収益で他のブロガーに負けてても、記事書くのが楽しい!とか、ブログが大好き!って気持ちがあったら、数字で負けてても関係ない、というのが僕の持論笑。

 

そしてブログが大好きって思うには自分の好きな記事だけを書いて、記事を書くこと自体が好きになることだと思う。

 

まとめ

そんな感じ。

 

書いてて楽しくない記事を書く必要はないし、収益が上がらなくて嘆く必要もない。

ただただ好きなこと、誰かに話したいことをツラルラと書くだけで良いと僕は思う。

そうしてなんとなーく書いてたら、僕は100記事達成した。

 

そんな感じです。

 

またね。

 

ひつじ。

 

こちらも合わせてどうぞ!

www.thaislife.com

www.thaislife.com

プライバシーポリシー