page contents

ひつじの読み込み中…少々お待ちください。

語学のこと、旅のこと、ブログのこと、その他幅広く。

よし、日本に帰ろう。

f:id:kotobalover:20170519031214j:plain

日本に帰ろうと思います。

 

ひつじです。

 

タイで駐在員として働いた後、追加で2ヶ月ほど滞在しておりました。

 

月1万円のアパートに住んで、毎日タイ料理を食べて、タイ人と全く同じ生活レベルでこの2ヶ月過ごしてきました。このままタイに住み続けるという選択肢もあるにはあります。

 

ただつい先日ネパールに行ったとき、ふと「日本に帰ろうと思いました。」

 

今日はなぜ日本に帰ろうと思ったか書きます。

 

 

本当に日本に戻れなくなる

この前ネパールに行った時、僕は「何で日本人に生まれてしまったんだろ…。」ってずっと考えてました。

 

町の綺麗さとか、店員さんの丁寧さとかいらないから、ゴキブリとかネズミとかいっぱいでも良いから、もっと息のしやすい生活をしかった。ネパールやタイの人たちみたいに。

 

でもこんな風に考え出すと、本当に日本帰れなくなる。日本に帰らない理由を探し出す。今無理してでも日本に帰らないと一生海外でずるずると生きることになってしまう気がした。

 

自分の生きる国は日本

自分がどう考えようが、何を思おうが、僕は日本人で日本人のパスポートです。仕事じゃない外国人が外国に住み続けるのは、まあそんなに簡単ではないですよね。

 

例えばタイで住む時、僕みたいな労働ビザを持っていない外国人が滞在する手段はそんなに多くありません。

・学生ビザを取得する

・観光ビザを取得する

まずはこの2つがありますが、どちらも長くて滞在期間は2年以下です。

 

そのほかには

・現地で起業する

・現地採用として働く

・現地人と結婚する

等ありますが、そこまでしてタイに滞在する理由は今の僕にはありません。

 

なんかとても単純なことですが、こういう問題にぶちあたって初めて自分は日本人で、日本で生きるべきなんだと気づきました。

 

日本で根を張る

自分もそろそろ20代中盤に差し掛かり、社会では新人とは言われない年齢です。周りの友人たちは部下も持ち始めたり、責任のある仕事をしたりしています。

 

そんな時、自分は根無し草で外国でパソコンやってる。これでいいのかと。僕の生きるべき国はここじゃないのに、ここで時間を費やしててもいいのかと思わざるをえません。

 

日本に帰ってもう1度住む家を探して、しっかり根を張って生きて行こうと思います。僕が住むべき場所は外国にはありませんでした。

 

まとめ

ほんと最近考えなしに行動してて自分頭おかしいなと思う。ネットビジネスは副業として続け、もう1度社会の一員として、仕事をしていきます。

 

そして日本の良いところを再発見していけたらと思います。

 

真夜中にこんな記事書くとだめですね。どーでも良い、よくわからない記事ですが、まあ「ちらしの裏」ってことで。すみません。

 

 

ひつじ。

 

冒頭に登場するネパールの旅記事はこちらから。

www.thaislife.com

 

 

プライバシーポリシー