page contents

ひつじの読み込み中…少々お待ちください。

語学のこと、旅のこと、ブログのこと、その他幅広く。

これからは個人で稼ぐ時代?そんなのすぐ終わるでしょ。

f:id:kotobalover:20170504013014p:plain

こんにちは!

 

ひつじ。です。

 

昨今「個人で稼ぐ時代が来た」って本当によく耳にしますよね。特にネットには個人で稼ぐ方法とか、個人の時代とかいうワードで溢れて返ってます。

 

確かに今個人でブログを書いて広告収入を得たり、メルカリなどのフリマサイトでC to Cでモノを売ってお金を稼いでいる人が大量にいます。

 

しかしこの「個人で稼ぐ時代」はすぐに終焉を迎え、今の様に「集団で稼ぐ時代に戻る」と僕は予想します。

 

なぜか、それを今日はお話したいと思います。 

 

個人の皮を被った集団

f:id:kotobalover:20170504021359j:plain

今何かと話題のメルカリですが、かつてメルカリは「個人」でも十分に利益の出るサイトでした。ですが、今個人だけでそれなりの安定した利益を出すのはかなり難しくなっています。

 

僕はメルカリを今からたった3年ほど前に始めました。当時は今に比べると格段に業者の数が少なく、個人で仕入れた商品でも利益率70%以上でバンバン売れてました。少量・高値で販売し十分に稼ぐことができた良い時代です。

 

しかしある時から一気に値が崩れ始めました。大量に仕入れて、大量に販売する業者が参入してきたためです。彼らは仕入れる商品のリサーチ、荷物の受け入れ、梱包・出荷、商品画像・商品説明の作成、を全て外注し、薄利多売で利益を得ています。

 

今メルカリの業者の数は物凄いスピードで増え続け、タイムラインに流れてくる3アイテムに1つ以上は彼ら業者の出品です。

メルカリ運営は業者を徹底排除する方針であるため、彼らは必死に個人のフリをしていますが、出品者の大半は彼ら業者なのです。

 

不用品を売ったり、せどりをして売るならお小遣い程度は稼げるでしょうが、毎月安定して40万50万稼ごうと思えば個人では到底無理です。

 

そしてそんな業者が増えれば増えるほど、個人や小さな業者は淘汰されていき、組織や会社の体をなした集団のみが生き残っていくことになります。

 

まずここにメルカリが個人で稼げる時代は終わりました。

 

今個人で稼げると言われている他の媒体も同じ道を辿るかと思います。

 

個人ブログで稼げる時代はいつまで続くだろうか?

f:id:kotobalover:20170504021432j:plain

個人で稼げる時代が「きた!」と言ってる時はまだ個人で稼ぐ人はマイノリティーです。

多くの人が会社や集団で稼ぐことが「正しい」ことだと信じています。

ましてネットで個人で稼ぐなんて言ったら「なんか怪しい人」「不安定な収入の人」とかいうレッテルを貼られます。それはまだまだ彼らはマイノリティーだからです。

 

しかしこのはてなブログだけ見ても、個人ブログを書いて毎月安定して収入を得ている人はたくさんいます。そしてその数は日に日に増えています。

 

やがて個人でブログを書き、収入を得る人はマイノリティーからマジョリティーになるでしょう。 

 

するとどうなるか。上に書いたメルカリで起こったことと同じことが起きます。

 

 今、Googleの検索上位に上がってくるのは個人ブログでもたくさんあります。しかし近い将来検索上位は集団や組織で運営されるブログやサイトのみが上位表示されることになると思います。

 

すでにそうなってるジャンルもあります。僕が好きな旅ブログはまず上位表示されるのは「TABIPPO」や「TABILABO」といった集団でたくさんのライターを抱え、会社として運営しているサイトです。

 

タイの情報サイトにしてもそうです。企業という集団がたくさんの人を使い情報を提供していっています。

 

稼げると判断した集団は今後もさらに現れるでしょうから、個人では到底太刀打ちできなくなります。

 

今個人ブログで安定した収入を得ている人はいわゆる「雑記ブログ」を書いている人が多いでしょう。時事性のあるネタを書いたり、個人のキャラクターを全面に押し出すブログでファンやPV数を獲得し、収入を得ていると思います。

 

が、雑記ブログに関しても大量に企業や集団が出現し、個人では到底敵わなくなるんじゃないかと思います。

 

情報のスピードも正確性も、記事の投入量も彼らには到底敵いません。検索上位に表示されるのも彼らの記事ばかりになるはずです。

 

そうなった時、個人ブログで稼げる時代は終焉します。メルカリと同じですね。

 

個人<集団はこの世の真理

f:id:kotobalover:20170504021502j:plain

いつの時代も個人で稼げる時代はありました。日本もかつてそうだったでしょう。食材を買う時は個人商店に行き、家電を買う時は町の電気屋さんへ行ってた。僕の小さい頃もまだそんな時代の名残がありました。個人で稼げた時代です。

 

しかし今はどうでしょうか。個人商店は大型スーパーに取って変えられ、町の電気屋さんは大型電気店に跡形もなく消し去られました。リアルな世界で個人で稼げる時代はもう終わりました。

 

これをそのままネットの世界に置き換えると、今は個人商店や町の電気屋さんが乱立している状態だと言えます。

 

が、じきにネット上に大型スーパーや大型量販店に相当する企業が出てくるでしょうから、「個人で稼げる時代」ともさよならです。

 

リアルな世界は地域性がある分まだ細々とやっていける個人店はあるでしょうが、ネットは地域性も何もないので、リアルな世界よりもっと個人で戦っていくのは厳しくなるんじゃないでしょうか。

 

まとめ 

確かに今後「個人で稼げる時代」は来るでしょう。しかしそれはすぐに個人とは真逆の集団や企業に取って変えられると思います。

やっぱ僕ら羊は1匹では生きていけないんです。集団で群れを作って生きるのが一番賢い羊です。もしくは社長という羊飼いになるかどちらかですね。

羊と羊飼いのくだりは昨日の記事を参照されますようお願いします。

www.thaislife.com

 

 

ひつじ。

 

こんな記事も書いてます。

www.thaislife.com

プライバシーポリシー