page contents

ひつじの読み込み中…少々お待ちください。

語学のこと、旅のこと、ブログのこと、その他幅広く。

外国語を学ぶのが楽しくてたまらない4つの理由

f:id:kotobalover:20170428043631p:plain

こんにちは!

  

みなさん外国語の勉強楽しんでますか?

 

僕はここ最近外国語を仕事や私生活で使う機会が多くて、「外国語って楽しな〜」って感じてたりするので、今日はなぜ外国語は楽しいのか!まとめてみました。

 

もし今外国語でスランプになってるとか、モチベーションあがらないとか、外国語勉強はじめてみようかな〜なんて思ってる人は是非斜め読みでもいいので、最後まで読んで見てください!きっとすぐにでも外国語の勉強がしたくなるはずです!

 

理由その1

外国人と話せるようになるから

まずはこれですよね。外国人と話すという体験は外国語を勉強している人の特権です日本以外の文化を肌で感じてることができるのは外国語を話してこそです。

 

日本語ができる外国人と話すという手もありますが、やっぱりそれはこちらのホームになっちゃうんですよね。

 

相手の言葉を使って相手のアウェイに乗り込んでこそ見えてくる世界があります。

 

 

理由その2

視野が広くなるから

外国語を勉強するとその国のことが気になるんですよ。今僕はタイ語を勉強してますが、それと同時にその国の文化や考え方まで興味が出てきます。

 

反対に全く馴染みのないスペイン語ポルトガル語の文化や考え方にはそれほど興味を向けることができません。

 

今まで生きてきた中で当たり前だと思ってた文化や考え方が全く違う国にくると、こんな世界もあるんだ!って視野がぐっと広がるんですね。

 

 

理由その3

就職に有利になる

僕が就職活動をしているときTOEICの点数をいうと必ずそこで話が広がりました。「どうやって勉強してきたの?」「海外は好きなの?」「留学経験は?」。

 

自分の得意な分野で話ができるんで、生き生きと話せるんです。その姿を見たらやっぱり好印象だと思うし、それなりに努力をしてきた学生なんだな、と思って貰える。

 

それに一定の英語能力が入社に最低限必要って会社も多いし、その点でも有利になると思う。実際に僕も新卒の会社に入社したのは英語がキッカケでした。

 

理由その4

ただ楽しいから

もう一言でいうとこれにつきます。ただただ楽しいんですよ。

 

それまで知らなかった単語が文字が、音がある日突然理解できるようになるっていうのはもう一種の快感みたいになってて、外国語を継続してこられたのってそれの積み重ねかもしれません。

 

 

外国語に興味があって勉強し始めたみなさんなら、この感覚は少なからず持ってると思うし、もしまだはじめたばっかりでそこまで行ってないよ!というなら、是非続けてみてください。

 

 

その先に絶対に違う世界が待ってます。

 

 

まとめ

今日は外国語を学ぶ楽しさについて語ってみました。

 

外国語を勉強するのってほんとに楽しいし、多くの人にこの楽しさと知って欲しいと思う。

 

実際何歳からでも勉強しても良いし、一生かけて極めることができる分野だと思います。

 

以上ひつじ。でした!

 

プライバシーポリシー