ひつじ編集長の海外ラ・ボ!

★年齢・性別 26歳・男 ★主に書く記事 英語、タイ語、海外、旅、ブログ、ガジェットのこと ★好きな国 インド、タイ、日本 ★これまでのこと 『深夜特急』の多大なる影響で、アジアをバックパッカーした後、新卒でタイに赴任。その後商社の海外担当バイヤーに転職。TOEIC810点。特技はタイ語。 ★僕とブログ 記事を書くのが大好き。ブログのない人生は考えられないほど、ブログが好き。最近では世界各国に住むライターと協力し、海外記事作成に取り組み中。

ひつじ編集長。の海外ラボ!

僕が「タイ」を好きでたまらない5つの理由

f:id:kotobalover:20170426054830p:plain

こんにちは!

 

ひつじ。です。

 

みなさん「タイ」には来られたことがありますか?

僕はバックパッカータイにきたのが初めてで、その4年後今度は仕事でタイにくることになりました。

 

今タイに住んで1年半が過ぎようとしてますが、僕はタイが大好きです。

だから今日はなぜ僕がタイが好きでたまらないかをお話しようと思います。

 

まったりした雰囲気

f:id:kotobalover:20170426054143j:plain

タイは日本に比べるととてもまったりです。

例えばコンビニに行った時。タイのコンビニでは店員さんはとても自由です。レジにお客さんがいない時は椅子に座りながら、スマホ触ってますし、外でタバコを吸ってるのもよく見ます。

日本的なレンズで見てしまうと「緊張感」がないように見えてしまいますが、僕はこの雰囲気が大好きです。

 

四季がないこと

f:id:kotobalover:20170426054152j:plain

常夏のタイに住んではじめて気づきました「四季がないって素晴らしいな」と。

だって年中、短パン・Tシャツ・サンダルでいいんです。めっちゃ楽なんですよ。季節の変わり目に服を新しく買い足したりしなくていいし、持つ服も少なくて済みます。

それから年中夏だと季節の変わり目に風邪を引くことがなくなります。1つの季節に慣れたらまた新しい季節がきて、また慣れたら…の繰り返しをしなくていいんです。四季がないって素晴らしい。

 

その気になればいつでも日本にいる気分を味わえる

f:id:kotobalover:20170426054313j:plain

タイは日本文化がたくさん流入しています。特に食に関しては首都バンコクであれば、日本食屋だらけです。吉野家やよい軒などの外食チェーンもそこら中に乱立しています。味も日本と一緒なのがありがたい。

 

それから僕は本を読むのが好きなのですが、ここタイでは日本の本を手に入れるのに苦労しません。バンコクの中心にある伊勢丹」にいけば、日本の本を買うことができます。古本屋もたくさんあります。

 

海外旅行がしやすい

f:id:kotobalover:20170426053456p:plain

東南アジア・南アジアのほぼ中心に位置し、短時間で海外旅行に行くことができます。

国境もカンボジアラオスミャンマー・マレーシアに接していて、陸路でも簡単・安価に旅することができます。

旅好きには最高の国です。

 

タイ人の気質

f:id:kotobalover:20170426054327j:plain

日本と同じ仏教をベースとした国であることから文化や習慣が日本と似ていて、 全く文化の異なる欧米やインドの人たちに比べるとタイ人はとても馴染みやすく感じます。

「話せばわかる」感が他の国よりも強いのがタイです。

 

まとめ

さていかがだったでしょうか。

数年前はタイに住むなんてこれっぽっちも考えてなかった僕ですが、今ではタイが大好きになってしまいました。 

もしまだタイに来たことがなかったらぜひ来てみてくだいさい。きっと気にいると思います。