ひつじ編集長の海外ラ・ボ!

★年齢・性別 26歳・男 ★主に書く記事 英語、タイ語、海外、旅のこと ★好きな国 タイ&インド ★略歴 大学生時代、アジアをバックパッカーで放浪し、卒業後は1年半のタイ駐在を経験。現在は世界中の文化・言語を扱うメディアを運営する、自称編集長。 ★尊敬する人達 ・沢木耕太郎/小説家 ・加藤直徳/元TRANSIT編集長 ・本田圭佑/サッカー日本代表 ・大木伸夫/ACIDMAN ギターボーカル

ひつじ編集長。の海外ラボ!

常識をぶち壊せ!若いうちに旅するべき理由!

f:id:kotobalover:20170410050428p:plain

こんにちは!

 

ひつじです。

 

最近巷には「若者の◯◯離れ」という言葉があふれ、「若者の旅離れ」もその例外ではありませんよね。

 

巷っていうのはとりあえず「ナントカ離れ」って言いたいだけって感じがして、本当に若者が旅から離れているかどうかは謎ですが、もし今まで旅に出たことがなくて、「行こうっかな〜」「どうしよっかな〜」って迷ってるなら、

 

是非 行ってください!に出てください!

 

今日は若いうちに旅するべき理由を少し語らせてください。

 

自分だけの経験を得られる。

f:id:kotobalover:20170410044441j:plain

ネットやテレビや本や人からたくさん聞くことがあると思います。海外のこと。

でもネットで見た話や人から聞いた話ってのは他人の経験で、それは自分の経験にはなり得ないんです。

 

自分でリュック背負って海外に行って、空港を出て、その国の匂いとか、人とか、ことばとかを0距離で見て感じて、そうして初めて自分の経験になるんです。

 

そうやって自分で得た経験は自分だけのものだし、とても価値のあることなんです。

 

例えばめっちゃくちゃ面白い海外旅行の話を友達から聞いて、あまりに面白かったんで、それを今度は自分が別の友達にしたとしても、多分だけどその話はオリジナルの面白さの半分以下になってると思う。

 

でも自分が本当に海外に行って、見たり感じたりした経験っていうのはあなただけのもので、あなたの口からしか語れない言葉になるんです。

 

このタイプの経験って、どんなに大金を積んだって自分の足を動かさないと手に入らないんです。

 

自分の常識外の常識が存在することに気づく。

f:id:kotobalover:20170410044640j:plain

日本から一歩そとに出てみると、常識外の常識があることに気づきます。

そしてこれまで10数年間か20数年間に出会ったことのない人たちが当たり前のように存在しています。

 

そんな日々が日常になると、自分の培った常識っていうのが見事にぶち壊されるんですね。これまで100%正しかったものが、一歩他の国に行ってみれば100%不正解になる。

 

常識って思ってたものは地球に存在する200数カ国のうち、日本っていうたった一つの国だけで通用してた、たった1つの常識だったんだって思うことになると思います。

 

そうすると何が良いかって自分の中で自分だけの正解が見つけられるようになります。「常識」なんていう小さな世界の小さな言葉に惑わされないで、自分の頭だけで考えて、自分だけの答えが導き出せるようになります。

 

これは絶対早ければ早いほど良い。

 

何歳になっても「ああすればよかった」「こうすればよかった」と呟いてるつまらない人間になりたくないなら、今すぐに旅にでよう。そして自分だけの正解を見つけよう。

 

まとめ

さて、まとめ。まとめは苦手なんですよいつも。語りたいことは記事の中で語りつくしたし。何書いていいかわかんない(笑)

 

まあでもまずは旅にでましょうよ旅に。絶対楽しいから。