page contents

ひつじ編集長の海外ラ・ボ!

語学のこと、旅のこと、ブログのこと、その他幅広く。

「は」と「が」の違い。日本語って難しい!

f:id:kotobalover:20170312160340p:plain

 

サワッディカップ!

 

さて突然だが、

 

はてなブログ 使いやすい」

はてなブログ 使いやすい」

 

もしこの2つの文章、どこが違うのって聞かれたら、説明することができるだろうか?意味は同じだが、どこか微妙に違う。

 

僕たち日本人はこの「〜は…」と「〜が…」を普段何気なく使いこなしているのだが、日本語を勉強する外国人にとっては、この違いを理解するのは、とても難しそうだ。

 

とある外国人にこの「2つの文章、どこが違うの?」と聞かれた時、こんな風に説明したら、わかってもらえたので、シェアしたいと思います。

 

 

「は」は選択肢が1つだけ、「が」は選択肢がたくさん。

 

例えば、Aさんが、「はてなブログ 使いやすい」と言った時、彼の頭の中には、はてなブログ以外のブログの存在は浮かんでいないことが考えられる。単純にはてなブログは使ってみて、「ああ、はてなブログって使いやすいんだなあ…」っていう感じのニュアンスになる。イメージとしてはこんな感じ。

 

f:id:kotobalover:20170312132821p:plain

 

 

 

 一方、「はてなブログ 使いやすい」とAさんが言ったとき、はてなブログ以外のブログ選択肢も、頭の中に浮かんでいることが考えられる。これまでLiverdoorブログ、アメーバブログ、FC2ブログ、はてなブログと使ってきたが、この中だと一番はてなブログが使いやすい、というニュアンスだ。イメージとしてはこんな感じ。

f:id:kotobalover:20170312132837p:plain

 

つまり「〜は…」と言った時、話し手の頭の中には1つの選択肢しか浮かんでおらず、「〜が…」と言った時は頭の中に、複数の選択肢が浮かんでいると言える。

 

「は」主語と述語の力関係は5:5  「が」主語と述語の力関係は8:2

 

それから「〜が…」には主語をより強調する働きがあるのに対し、「〜は…」の方は主語を強調する働きはない。

 

「はなてブログ 使いやすい」と言った時、「使いやすい」という述語は聞き手にとって周知の事実であり、主語になるであろう「何が使いやすいか」ということがより重要な情報になる。

 

情報重要度の割合的には主語:述語=8:2といった感じだ。こんな感じのイメージ。

 

f:id:kotobalover:20170312151848p:plain

 

 

一方、「はてなブログ 使いやすい」と言った時、聞き手にとっては主語も述語も重要度にそれほど差はない。

 

割合的はには主語:述語=5:5といった感じだ。こんな感じのイメージ。

 

f:id:kotobalover:20170312151910p:plain

 

見ての通り、「〜は…」に支えられた文章は、はてなブログ」と「使いやすい」がバランス良く釣り合っているのに対し、「〜が…」という言葉はシーソーを左側、つまり主語側(はてなブログ)に傾けさせ、「はてなブログ」をより強調させる性質を持っている。

 

まとめ

 

はてなブログは使いやすい。」

はてなブログが使いやすい。」

 

前者は話し手の頭の中に、主語になる言葉の選択肢は1つしかないのに対し、後者は主語になる言葉の選択肢はいくつかあり、その中で「はてなブログ」を選んだ、というニュアンスがある。

さらに「〜が…」には主語をより強調させる働きがあるのに対し、「〜は…」は主語と述語のバランスをとる働きがあった。

 

普段何気なく使っている言葉でも、ほん少しに見える違いでも、実は大きな違いをはらんでいる。しかしそこが日本語の面白いところであり、ことばの面白いところでもある。

プライバシーポリシー