ひつじ編集長の海外ラ・ボ!

★年齢・性別 26歳・男 ★主に書く記事 英語、タイ語、海外、旅、ブログ、ガジェットのこと ★好きな国 インド、タイ、日本 ★これまでのこと 『深夜特急』の多大なる影響で、アジアをバックパッカーした後、新卒でタイに赴任。その後商社の海外担当バイヤーに転職。TOEIC810点。特技はタイ語。 ★僕とブログ 記事を書くのが大好き。ブログのない人生は考えられないほど、ブログが好き。最近では世界各国に住むライターと協力し、海外記事作成に取り組み中。

ひつじ編集長。の海外ラボ!

タイの何気ない風景を写真9割で紹介する

こんにちは!

 

ひつじです。

 

昔に書いた記事だけど、文字数不足で一度非表示にした記事。こういう記事って全く見られない印象があるけど、単にブログは始めたばっかりだったからなのか、需要がない記事なのかわからない。

 

でもおそらく後者だろう。ただの日記記事ですし。でもリライトしてみたので公開ボタンを押すことにする。

 

ということで、今日は撮りためたタイの一般的な風景をご紹介。

 

f:id:kotobalover:20170207001548j:plain

f:id:kotobalover:20170207001553j:plain

2013年にバンコクの南にあるホア・ヒン(フア・ヒン)という海の町に行った。バンコク排気ガスにうんざりしたので、海のある町に行きたかったからだ。

王室の避暑地というだけあって、静かで落ち着いた町だった。

 

夕食は宿の近くのタイ料理レストラン。何を頼むべきか迷った末に、グリーンカレーを頼んだ。ルーは緑だが、普通のカレー。

 

一口だべると、痛い。辛さをゆうに通り越し痛い。

タイ人はよく平気な顔してこんなカレーを食べられるなあ。

f:id:kotobalover:20170207001557j:plain

この町は一応観光地ではあるのだが、ローカル感も十分にある。何気ないタイの風景がたまらなく良い。

 

f:id:kotobalover:20170207001659j:plain

f:id:kotobalover:20170207001534j:plain

タイでは家の前に国旗を掲げてることが多かった。愛国心の強さだろうか。文化の違いだろうか。日本では家の前に国旗を掲げてるのなんて見たことない。

日本のと違いを見つけるのがシンプルに楽しかった。

 

f:id:kotobalover:20170207001727j:plain

所変わってバンコク。路地では、外に洗濯物を干すスタイル。溢れ出るローカル感。

 

f:id:kotobalover:20170207001737j:plain

f:id:kotobalover:20170207001742j:plain

この茶色く濁った川は、バンコクの大運河「チャオプラヤー川」へ流れ込む。

f:id:kotobalover:20170207001712j:plain

茶色いチャオプラヤー川。タイの人々の生活を支える川だ。

 

f:id:kotobalover:20170207001513j:plain

f:id:kotobalover:20170207001539j:plain

f:id:kotobalover:20170207001543j:plain

町のいたるところに信仰の印が散見された。気にカラフルな帯を巻くのは星の神様のためだって言ってたけなあ。

 

時折この木の前で祈る人達がいる。

 

 

f:id:kotobalover:20170207001645j:plain

カラフルなトゥクトゥクが南国らしい。交渉制なのが少しめんどくさいけど、安さには勝てない。

 

f:id:kotobalover:20170207001528j:plain

アソークの交差点。こう見るとタイも発展してて日本と変わらないな。

f:id:kotobalover:20170207001456j:plain

バックパッカーの聖地カオサンストリート。安宿街としても便利な場所で、クラブもたくさんあることも相まり、夜はたくさんの人で賑わう。日本人やアジア系もいるが、大半は欧米人である。

サソリやタランチュラも屋台で食べられるが、全く食べようとは思わない。

 

f:id:kotobalover:20170207001458j:plain

アユタヤの遺跡郡。あたり一帯この景色でRPGの世界に迷い込んだかのような錯覚を覚える。あたりに散らばるゴミが気になったな。

 

f:id:kotobalover:20170207001755j:plain

ミャンマーとの戦争で、仏像は首をもがれた。タイ人のミャンマーに対する心情は決して穏やかではない。

 

f:id:kotobalover:20170207001805j:plain

f:id:kotobalover:20170207001810j:plain

菩薩の微笑みとはこのことだろうか。

 

f:id:kotobalover:20170207001518j:plain

タイに降り立って初めて撮った写真。日本と比べてビルが少なくて空が広いなあ、って思ってた。

f:id:kotobalover:20170207001524j:plain

この写真に映る青いタイプの車はタイでいっぱい走ってる。後ろに作業員を乗せて、工事現場に向かう光景を毎朝見た。

 

f:id:kotobalover:20170204134612j:plain

FUJIFILM公式サイトより

撮影機材:FUJIFILM「XE-1」