ひつじ編集長の海外ラ・ボ!

★年齢・性別 26歳・男 ★主に書く記事 英語、タイ語、海外、旅のこと ★好きな国 タイ&インド ★略歴 大学生時代、アジアをバックパッカーで放浪し、卒業後は1年半のタイ駐在を経験。現在は世界中の文化・言語を扱うメディアを運営する、自称編集長。 ★尊敬する人達 ・沢木耕太郎/小説家 ・加藤直徳/元TRANSIT編集長 ・本田圭佑/サッカー日本代表 ・大木伸夫/ACIDMAN ギターボーカル

ひつじ編集長。の海外ラボ!

インド・コルカタを写真9割で紹介する

f:id:kotobalover:20170206010956j:plain

 

f:id:kotobalover:20170206010936j:plain

リクシャ。今はインド・コルカタにしか存在しない。正真正銘の「人力車」だ。ちなみに「リキシャ」という単語は日本語の「力車」という単語が語源らしい。このコルカタの人力車は、「オートリキシャ」にとって代えられ、いずれなくなる運命だ。

f:id:kotobalover:20170206010941j:plain

バックパッカーがたむろする「サダルストリート」。いろんな風が入り混じり、すべてを受け入れる雰囲気があるストリートだ。朝、ここで飲む一杯のチャイは、インドの他のどの町で飲んだチャイよりもインドらしかった。

 

f:id:kotobalover:20170206010952j:plain

f:id:kotobalover:20170206011012j:plain

奥のレンガ造りの建物は「ニューマケット」。土産物や日用品、食材など、様々なものが揃う。ただ客引きも一段と激しいので、注意が必要である。

 

f:id:kotobalover:20170206010924j:plain

f:id:kotobalover:20170206010907j:plain

f:id:kotobalover:20170206010928j:plain

f:id:kotobalover:20170206010932j:plain

f:id:kotobalover:20170206010917j:plain

f:id:kotobalover:20170206010905j:plain

f:id:kotobalover:20170206010901j:plain

コルカタの町としての印象は、「人」。あふれるように人がいる。そして各々が四方八方に散り、自分のやりたいことをやっている。この町は、観光客を欺く詐欺師も多い。コルカタの詐欺師の情報は、検索すると出てくるので、到着する前に、「どんな手口で騙してくるか」「どんな風体のやつが詐欺師か」一通り情報を集めることをおすすめする。わかっていても騙される、本当に狡猾で巧妙な奴らだ。

 

f:id:kotobalover:20170204134612j:plain

FUJIFILM公式サイトより

撮影機材:FUJIFILM「XE-1」