page contents

ひつじの読み込み中…少々お待ちください。

語学のこと、旅のこと、ブログのこと、その他幅広く。

タイ・バンコクの渋滞はいつ一番ひどくなる?

以前の記事にも書きましたが、バンコクの渋滞は世界一ひどいとも言われ、街の中心部はいつも渋滞しています。

 

タイに住むようになって以来、幾度となく渋滞に見舞われましたが、渋滞する時は大抵同じです。しかしながら渋滞するタイミングを知っていれば、BTSやバイクタクシーを使うなどをして、事前に渋滞を回避することができます。

 

そこで今日はバンコクとその周辺の渋滞が一番ひどくなる時をまとめてみました。

 

 

金曜日の17時以降

f:id:kotobalover:20170115021144j:plain

これはほぼ毎週と言って良いくらいです。サイアムなどの中心地はもちろん四六時中渋滞しているわけですが、会社の定時後の17時以降は、普段は渋滞しない郊外でもひどい渋滞に陥ります。そしてこの手の渋滞に一度はまってしまうと、その他が原因の渋滞とは異なり、なかなか抜け出すことができません。

 

 僕は会社からバンコクの自宅まで平日は1時間もあれば帰宅することができますが、金曜日には2時間以上かかることがザラにあります。

 

そして給料日後の金曜日となるとその他の金曜日の比ではありません。 

 

連休前

f:id:kotobalover:20170115021157j:plain

連休前の渋滞は一番ひどいと言ってよいかもしれません。バンコク市内というよりむしろ、バンコクから郊外に向かう道の渋滞がひどいです。渋滞の原因はバンコクで働いている人が田舎の実家に帰るためでしょう。

 

また4月にあるソンクラーンなどの大型連休前の渋滞はおぞましいものがあります。

 

バンコクで働いている人たちがみんな田舎に帰ろうとするため、その渋滞は何百キロ単位になります。

 

僕は去年のソンクラーンの時、たままた郊外からバンコクへ向かう車に約3時間ほど乗っていたのですが、(ソンクラーンの時は郊外からバンコク行きの道は逆に全く渋滞しません。)3時間の間、逆車線(つまりバンコクから郊外へ向かう道)ははじめから終わりまでずっと渋滞をしており、全く車が進んでいませんでした。

 

大型連休前は、夕ご飯前にバンコクの家を出て、朝田舎の実家に着くというのが、当たり前のようです。

 

中には渋滞にはまるのが嫌で、連休が始まる1日前に有給を出し、みんなが移動する前に田舎へ帰る人もいるみたいです。

 

 予測不能な渋滞 

f:id:kotobalover:20170115021230j:plain

上に書いたような渋滞であれば、大体の予測はついて事前に避けることは可能です。しかしVIP渋滞と、事故による渋滞はいつどこで起こるか全く予想ができません。渋滞が解消されるまでに要す時間は大体…

 

・VIP渋滞:約30分ほど

・事故渋滞:早ければ10分、長い時は1時間になることも…

 

ちなみにVIP渋滞とは各国の政府の要人や王族などの車が道を通るとき、全面的に道路が封鎖されることにより発生する渋滞です。

 

まとめ

バンコクに渋滞はつきものです。渋滞の規模は世界ワーストワンとも言われる程で、この街に住む限り、切っても切れない関係となっています。

 

しかし大体の発生する時期は予測できます。ひどい渋滞にはまらないためには、金曜日、特に給料日後の金曜日はバンコクへ向かう道と、連休前のバンコクから郊外に向かう道を使うのは避けたいところですね。

プライバシーポリシー