page contents

ひつじ編集長の海外ラ・ボ!

語学のこと、旅のこと、ブログのこと、その他幅広く。

ー後編ータイの気になるところ

昨日はタイの良いところばっかりをまずあげてみました。なので今日は悪いところも書いてみます。

 

 

渋滞がとにかくひどい

f:id:kotobalover:20170114162044j:plain

これはタイ全体というより、バンコクだけかもしれませんが、バンコクどこにいってもとにかく渋滞がひどい。とあるランキングでバンコクは「渋滞のひどさ世界1位」に選ばれるくらいです。

 

この渋滞の原因を僕なりに考えてみると3つの原因がありました。

 

・タイ独特な道路の構造

・運転マナーの悪さ

・事故がとても多い

 

原因についての詳細は前の記事(33.バンコクの渋滞3つの原因 - 微笑みの国から苦笑い)に書いてみましたので、是非見て頂きたいと思うのですが、このバンコクの渋滞、住み始めた時はそれほど気になりませんでしたが、半年過ぎた頃から大概嫌気がさしてきました(笑)

 

バンコクを移動する時は常に渋滞を考慮に入れる必要があり、外出時はなかなか時間の計画が立て難いんです。

 

バンコク人は当然この渋滞にはもう慣れきっているらしく、僕がタクシーに乗った時なんかによくドライバーに「目的地までどのくらいかかりますか?」って聞くんですが、大抵、「わからんよ、渋滞次第だし。」っていう答えが返ってきます。

 

基本的に英語は通じない

f:id:kotobalover:20170114162049j:plain

タイでは基本的に英語が通じません。ホテルや観光客の多いお店では英語が話せる人がいたりしますが、ローカルのお店や、タクシーの運転手でさえ、基本的に英語は話せません。

 

数字や簡単な日常タイ語を少し話せるようになるまでは大変苦労しました。例えば、タクシーに乗ってスクンビットまで行こうとする時、大抵は「スクンビットのソイ31」まで行ってとか、「ソイの11」まで行ってとかいう風な言い方をするのですが、この数字の部分を英語で言っても通じないことが多々あり、その代わりに全力のタイ語で返されたりしました。

 

それから僕の会社の人たちは読み・書きの能力は高いのですが、話すとなると苦手だったりする人たちが多いです。やはり英語を話さなければいけない環境にならないと、中々話すことは難しいのだと思います。

 

タイ人は車の運転が荒すぎる

f:id:kotobalover:20170114162054j:plain

ただただ怖いです。タクシーも、会社のドライバーのほぼみんな超危険運転をします。でもそれが彼らにとっての普通の運転であるらしく、それがまた何とも

苛立たしいです(笑)。通勤片道1時間ですが、毎日どこかで衝突事故や軽い接触事故、また月一くらいでトラックが道の真ん中でお腹を見せていたりします。

 

タイは日本のように自動車学校へ行って、免許を取ることは大変まれらしく、大抵は簡単な適性検査と、お金を少し払うだけで免許が取れてしまうらしいです。

 

だから日本のように運転マナーのスタンダードがないんですね。

 

幅寄せや無意味な煽り、超ハイスピード運転は当たり前で、乗っててヒヤヒヤします。

 

会社のドライバーは朝から高速道路を170キロでぶっとばしてくるので、ほんと嫌気がさしてきます。

 

まとめ

とまあ、後編はただの愚痴みたいになってしまいましたが、1年経つとこれらのことにも徐々にではありますが、慣れてきます。慣れって怖いですね。どの国にも良いところ、悪いところはあると思いますが、タイは総評して、とても住みやすい国だと思います。ただ僕の個人的な感想としては、住みやすく、快適であるがゆえに、バックパッカーなんかの短期旅行でタイに来られる人には少し刺激が足りないかもしれません(笑)

プライバシーポリシー