page contents

ひつじの読み込み中…少々お待ちください。

語学のこと、旅のこと、ブログのこと、その他幅広く。

タイのトレイの場所とトイレ事情

f:id:kotobalover:20170108220059j:plain

タイに旅行に来られている方、外出中は頻繁にトイレに行かれると思います。特にタイは年中暑いですから、四六時中、水分補給が欠かせません。当然トイレに行く回数も増えるでしょう。しかし気をつけなければいけないのは、トイレの場所。日本とはトイレの場所や、その事情が異なるので注意が必要です。(内容が内容ですので、汚い写真の使用は避けます。

 

 

コンビニにはトイレはない

日本でトイレと言えば、とりあえずコンビニに駆け込むと思います。が、タイのコンビニにトイレはありません。従業員のトイレはあると思いますが、スタッフルームにあり、基本的に客は使えないようになっています。では、タイで外出中、トイレをしたくなったら、どこに行くかと言えば、ガソリンスタンドです。

f:id:kotobalover:20170108215155p:plain

※こんな感じで日本のガソリンスタンドより複合的です。(写真はPTTのHPより

 サイアムやなどの超中心部であれば、デパートやモールの中に入れば、毎階トイレはあります。しかし、車でちょっと遠出したり、ミニバスに乗って郊外に行ったりする際、トイレは基本的にガソリンスタンドへ行くことになります。ガソリンスタンドというと、ガソリンを入れるだけの日本式のガソリンスタンドを思い浮かべるかもしれませんが、タイのガソリンスタンドにはカフェやその他商業施設が併設していることがほとんどです。移動中に出たゴミ等の処分もここで済ませることができます。日本では基本的にコンビニが担っている役割を、ここタイではガソリンスタンドがその代りを務めているわけです。ちなみにLotusやBigCなどの大型スーパーにもトイレはあるのですが、車の出し入れのしやすや、トイレの場所へのアクセス等を考えると、やっぱりファーストチョイスはガソリンスタンドになるかと思います。そして道に点在する数もガソリンスタンドの方が圧倒的に多いです。

 

 紙がないガソリンスタンドのトイレ

f:id:kotobalover:20170109013948j:plain

しかし気をつけなければいけないことがあります。タイのガソリンスタンドのトイレは紙が設置されていないことが多々あります。ではどうするのかというと、便器の横に水を貯める桶があり、そこになみなみと水を張ってあります。桶の中にもう一つ小さな桶が浮かんでおり、使用後はその小さな桶を使って水を流すことになります。

このタイプのトイレでは紙を持参していないと、想定しうる最悪の状況になりますので、併設されているコンビニ等で紙を入手したのち、トイレに入るようにしてください。ちなみに紙は基本的には流してはいけませんので、トイレ内に設置されたゴミ箱に捨てるようお願いします。

 

 まとめ

日本でトイレと言えば、まずコンビニですが、タイでトイレと言えば、ガソリンスタンドになります。そして紙が設置されていないことがありますので、必ず紙を持ってトイレに入るようにしましょう。そして使用後の紙は設置されたゴミ箱へポイです。でもやっぱりガソリンスタンドのトイレは汚いことがほとんどですので、緊急時以外は、ホテルで済ますか、モールのトイレを使用したいですね。デパートやモールのトイレだと、十中八九トイレットペーパーはあります。ちなみに汚い話ですが、僕はタイのガソリンスタンドのトイレで人生初めて靴下を使いました。

プライバシーポリシー