ひつじ編集長の海外ラ・ボ!

★年齢・性別 26歳・男 ★主に書く記事 英語、タイ語、海外、旅、ブログ、ガジェットのこと ★好きな国 インド、タイ、日本 ★これまでのこと 『深夜特急』の多大なる影響で、アジアをバックパッカーした後、新卒でタイに赴任。その後商社の海外担当バイヤーに転職。TOEIC810点。特技はタイ語。 ★僕とブログ 記事を書くのが大好き。ブログのない人生は考えられないほど、ブログが好き。最近では世界各国に住むライターと協力し、海外記事作成に取り組み中。

ひつじ編集長。の海外ラボ!

タイ語基本の日常会話11選 【バンコク駐在員が教えるタイ語講座】

挨拶​

 

●こんにちは sawàt dii khráp/khâ【サワッディーカップ/カァ】

一番基本的なことばですね。

聞いたことがある方も多いと思います。
 
●ありがとう khɔ̀ɔp khun khráp/khâ【コップンカップ/カァ】
発音も簡単ですね。ことあるごとに言っちゃいましょう。
 
●すみません khɔ̌ɔ thôot khráp【コートーカップ/カァ】
純粋に謝罪の「ごめんなさい」の意味+店員さんを呼ぶときなどの「すみません」両方の意味をもっています。日本語と同じですね。

f:id:kotobalover:20161210004926j:plain

 

 

 

 お店で


●店員さんを呼ぶとき khɔ̌ɔ thôot ná khráp/khâ【コートーナカップ/カァ】
店員さんを呼ぶときはná【ナ】をつけることが多いです。フレンドリーに聞こえますからね。
 
●お会計のとき
前記事の「33.タイ語で「お会計お願いします」」でも書きましたが、基本的に屋台であれば、kèp taŋ dûai khráp/khâ【ゲッタンドゥアイカップ/カァ】レストラン等であれば、chék bin dûai khráp/khâ【チェックビンドゥアイカップ/カァ】です。ちなみに、お会計の要領が日本とは違います。日本であれば、注文すると店員さんがレシートをテーブルに置いて行って、それをレジに持って会計しますよね。でもタイは少し違って全部食べ終わった後「お会計お願いします」と言うと店員さんがレシートをテーブルまでもって来てくれるので、その場で会計ができます。楽チンですね。
 
●トイレはどこですか? hɔ̂ŋ náam yùu thîi nǎi khráp/khâ【ホンナームユーティナイカップ/カァ】
これが言えるだけで生活度がぐっとあがりますね。

f:id:kotobalover:20161210004923j:plain

 

 

 

市場で


●これはいくらですか? an níi thâo rái khráp/khâ【アンニータオライカップ/カァ】
タイ語で聞くともちろんタイ語で返事してくれますから、数字を覚えておかないといけませんね。別記事で数字について書きたいと思います。
 
 
●これ下さい ao an níi khráp/khâ【アオアンニーカップ/カァ】
この言葉もタイで生活していくのであれば、初期段階で覚えておきたいですね。短期旅行でも覚えておくと色々な場面で役立つと思います。
 
●これは何ですか? an níi arai khráp/khâ【アンニーアライカップ/カァ】
この言葉が言えるだけでタイ語学習が飛躍的に向上すると思います。なぜなら目についたものを手に取って、「an níi arai【アンニーアライカップ/カァ】」とタイ人に聞きまくれば、いいだけですから。コミュニケーションの中で雪だるま式に単語を覚えていけますよ。
 

f:id:kotobalover:20161210004924j:plain

 

 

道で

●英語は話せますか? phûut phaa sǎa aŋkrìt dâi mǎi khráp/khâ 【プートパサーアンキットダイマイカップ/カ】
短期旅行者の方はタイ語を話すのはなかなか難しいでしょうから、英単語でのコミュニケーションになります。そんな時この言葉が言えれば、掴みはオッケーです。
 
●~はどこにありますか? mii/yùu  thîi nǎi khráp/khâ【~ミーティナイ/ユーティナイ】
タイ人にタイ語でこうやって聞くと、タイ語で返してくるでしょうが、説明しながら、ジェスチャーも交えて教えてくれるでしょう。短期旅行者の方でもジェスチャーであれば、コミュニケーションが取れますね。英語もタイ語も通じない時の最終手段は万国共通ジェスチャーです。

f:id:kotobalover:20161210004921j:plain

 

 おわりに

今回はタイへ短期旅行に来られる方や、タイに赴任したばかりの方へ向けてこの記事を書いていますので、タイ文字は全く使っていません。ただカタカナをそのまま読んでもタイの人には通じないことがほとんどですので、カタカナの前にある発音記号を参考にして頂ければと思います。