page contents

ひつじの読み込み中…少々お待ちください。

語学のこと、旅のこと、ブログのこと、その他幅広く。

バンコクの渋滞3つの原因

f:id:kotobalover:20161130221458j:plain

 

2016年、大手GPSのTOMTOM社の調査で、バンコクは世界の渋滞ランキングワースト1を獲得しました。

 

実際、バンコクで生活していると、渋滞とは常に隣合わせです。

スクンビットなどの中心地はもちろんのこと、郊外に出ても渋滞に遭遇することはしょちゅう。だから、バンコクで移動する時は、いつも渋滞に巻き込まれる前提で行動しなければいけません。

 

渋滞の主な原因を色々な人に聞くと、車の数が多いからだと言います。タイ人に聞いても、在タイ歴の長い日本人出向者に聞いても、まずこれが一番初めに聞かれる原因。車の数が渋滞の原因になっていることは間違いない。

 

しかし、それは誰が見ても明らかなので、今日はあえてそれ以外の理由を考えてみよう。

 

 

道路の構造が渋滞を引き起こす

 タイと日本の道路構造は大きく違います。日本は道路構造が碁盤の目のようになっていて、どこかの道はどこかの道に繋がっていて、渋滞した時の抜け道というのがたくさんありますよね。しかしタイはというと、「タノン」と言う大きな道路がバーーンと一本通っていて、そこから木の枝のように「ソイ」と呼ばれる細い道が左右に伸びています。そしてそのソイの先は大抵袋小路、行き止まり。これが渋滞の主な原因の一つになっています。

 

なぜ道路がこんな作りなのでしょう。タイは戦後、道路整備をする時に「運河の構造」を基にして道路整備を行いました。なぜなら、今も昔も、バンコクの人たちの生活は運河に支えられてきたから。運河ではタノンを行き交う船がソイに入り、ソイ沿いにある家々に物資を届ける。この様式で生活してきた人が道路整備をする時、運河と同じ構造にしようとするのは、ある意味当然かもしれません。

 

しかし陸の道路は運河の様にはいきませんね。タノンへ押し寄せた車は抜け道を使えず、世界最悪の渋滞を作り出しています。

f:id:kotobalover:20161130221503p:plain

この運河の構造を参考に道路整備を進めました。

 

運転マナーがとんでもなく悪い

運転マナーの悪さ、日本の比じゃないです。とんでもないスピード狂の方や、遅い車への煽り、幅寄せ…。

 

その中でも特に渋滞を引き起こす原因になっているのが、異常な車線変更です。タイの方々は自分の走行している車線が詰まり出すと、スムーズに流れている車線へすぐに車線変更します。難しい状況でも何がなんでも車線変更しようとします。車線変更すると、元々スムーズに走っていた車線の車はスピードを落とさなくてはいけません。すると、そのスピードを落とした車は例のごとく車線変更しようとします。

 

この様にたくさんの車が車線変更を繰り返し、結局は道路全体の流れを非常に悪くしていきます。恐らく、これも渋滞を引き起こす原因の一つでしょう。

f:id:kotobalover:20161130221500j:plain 

※無料イラストなら「AC」

 

事故が多い

事故はとにかく多いです。危ないです。通勤片道1時間の間に1度は事故車を見るってくらい事故に遭遇します。日本にいたら一生かけて見る事故車をこの1年で見てしまった気がします。

 

事故の原因は上にあげた、運転マナーの悪さも一つの要因ですが、もう1つあげるとすれば、車検がないことです。日本みたいに定期的に車検を受ける必要が全くないため、タイヤが古くなったり、エンジンが古くなったりした車がたくさん走っています。特にトラックなんかは、よく道の真ん中でバーストして、横たわっています。

 

そしてタイのドライバー達は野次馬が好きなのか、スピードを落として、事故をした車を必ず見ていき、これがまたひどい渋滞を引き起こします。渋滞現場を通りすぎたら、スーーッと渋滞が緩和されるのは笑ってしまいます。

f:id:kotobalover:20161130221501j:plain

 

感想

このタイの交通状況を考えると、日本のそれは非常に素晴らしく思えます。日本で自動車学校に行ってたときは、あまりの高額な授業料にうんざりしてましたが、今は日本の様な自動車学校の必要性をひしひしと感じています。それから、車検。これまたとてつもなく高かったりしますが、タイを見てると必要なことなんだなあ、と思い知らされますね。

f:id:kotobalover:20161130221502j:plain

 

おまけ

上にあげた3つの他にも「VIP渋滞」なるものもあります。タイは要人の車が通るときは、警察が道を完全封鎖することが多々あります。要人が通りすぎるまで全く車列が動きません。10分くらいなら良いですが、30分以上になりこともありますので、これまたひどい渋滞になります。

 

プライバシーポリシー