ひつじ編集長の海外ラ・ボ!

★年齢・性別 26歳・男 ★主に書く記事 英語、タイ語、海外、旅、ブログ、ガジェットのこと ★好きな国 インド、タイ、日本 ★これまでのこと 『深夜特急』の多大なる影響で、アジアをバックパッカーした後、新卒でタイに赴任。その後商社の海外担当バイヤーに転職。TOEIC810点。特技はタイ語。 ★僕とブログ 記事を書くのが大好き。ブログのない人生は考えられないほど、ブログが好き。最近では世界各国に住むライターと協力し、海外記事作成に取り組み中。

ひつじ編集長。の海外ラボ!

インド ダージリン カンチェンジュンガと日常の町

f:id:kotobalover:20161112001629j:plain

ダージリン。場所はわからなくとも、名前を聞いた事のある方は多いのではないだろうか。そうダージリンティーで有名なあのダージリンだ。僕がこの町に来た理由は寒いところが好きだからだった。町の平均標高は2,134mもあり、インドであるにも関わらず、年中低気温だ。また北方には世界第3位の山、カンチェンジュンガがそびえている。

電車の遅れにより、夜中の3時にこの町に着き、僕は宿のベッドに横になるとすぐに眠りに落ちた。

朝。
窓を開けると一人の女性が火を使い朝食をこしらえている。下を見下ろすと小学生くらいの子供の列が学校に向かっている。屋上では、貯水タンクから生活水を汲んでいる。ダージリンの人々のあたり前の生活があたり前のようにあった。そんな風景を見た時、こんな異国にも、自らの運命に逆らわず、地に根を下ろし、生活する人がいるのだ、と思った。正直羨ましかった。方や全てをバックパック1つに詰め込み、こんな異国まで旅し、方や家に帰れば、あったかいご飯があって、愛すべき家族がいて、全てがそこにある。この時ばかりは日本に帰りたい、と思った。僕も日本に帰れば、帰るべき家があって、愛すべき土地があるのだ。
僕は何歳になっても放浪していたいと思ってたけど、この風景を見た後では少しだけ考えが変わった。安定した仕事に就き、腰を据え、次の世代にバトンをつないでいく。そんな生活も案外悪くないのかもしれない。そう思わずにはいられなかった。

f:id:kotobalover:20161112001636j:plain

f:id:kotobalover:20161112001629j:plain

貯水タンクに水を注ぐ人たち。

 

f:id:kotobalover:20161112001534j:plain

朝食にビーフカレーを食べ、チャイを飲んだ後は町に繰り出した。

 

f:id:kotobalover:20161112001553j:plain

f:id:kotobalover:20161112001600j:plain

犬はいつでもどこでも自由だ。

 

f:id:kotobalover:20161112001604j:plain

朝の早くから人々の生活は始まっている。路上でお土産を売る人、野菜を買い出しに来た人、背中に大きな荷物を抱え、坂を登る男。色々な人がそれぞれの生活のため、活動していた。

 

f:id:kotobalover:20161112001609j:plain

 

f:id:kotobalover:20161112001548j:plain

f:id:kotobalover:20161111215929j:plain

f:id:kotobalover:20161112001613j:plain

イギリスの植民地時代、避暑地として、開発されたダージリンは今でもイギリスの建設した、「クロックタワー」が残っている。

 

f:id:kotobalover:20161112001618j:plain

 ヒマラヤ山脈を望みながらすするチャイは格別だ。

 

そして今日も日が暮れ、ダージリンの生活は続く。

f:id:kotobalover:20161112001622j:plain

 

おわりに

こちらは以前に書いた記事のリライト記事です。

ダージリンへは2013年に行ったからもう4年も前になるのか。。月日が立つのが早すぎる。

インドはいくつか都市を回ったけど、僕は個人的にこの「ダージリン」が1番好きかな。

他のインド地域とは異なり、標高が高いから肌寒くて、夏より冬が好きな僕には最高の街だった。

またいつかここに行ってみたいと思う。